㈱明和はミャンマー進出をサポートします。

ミャンマー便り

ミャンマー便り

明和のパートナーKey Idea Spectrum社のソーミン氏がミャンマーのメディアに掲載されたニュースを和訳したものです。

KISは、通訳・翻訳と観光ガイドの他、日本企業向けの会社登記等の諸手続き代行、労働問題のコンサルティング、政府要人との面談のアレンジなどのサービスを提供します。

これ以前の分はこちら



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト

外国投資委員会のMeeting /2019によって認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Myanmar Unilink Communication Co.,Ltd.ネットワークサービス
100%外資
全国29.5.19
2AGB Communication Co.,Ltd.ネットワークサービス
100%国内資本
全国29.5.19
3Mon Petrol Co.,Ltd.港湾・倉庫建設、燃料保管・供給
100%国内資本
モン州
Mudon市
29.5.19
4Oya Energy Co.,Ltd.LPGタンク建設 
LPGの輸入販売
100%国内資本
ヤンゴン管区
Dara市
29.5.19

出所:ミャンマー投資委員会;6.6.19


戻る

日新電機、ティラワに工場建設

日新電機は、6月からティラワ経済特区に工場の建設を開始すると発表しました。

この工場は、日新電機が95%と細田ホールディング5%のシェアで建設され、2020年3月に稼働を開始するとのことです。

出所:http://www.7daydaily.com/story/157464;1.6.19


戻る

日本の支援で衛星打上げ

運輸・通信省は、日本の支援で衛星を打上げると発表しました。

Myanmar Aerospace Engineering University (MAEU)と日本の北海道大学の宇宙ミッションセンターは5月15日、衛星打上げに関する合意書(Letter of Intent)に調印しました。
打上げのコストは1億5570万ドルかかる予定です。

出所:https://www.duwun.com.mm/news/local-news/mnmauimw-animp-gihtu-lttetam-id14941;19.5.19


戻る

トヨタ、2年以内にミャンマーで生産開始

トヨタ自動車は5月30日、2021年2月から年間2500台のハイラックスの生産を開始すると発表しました。それに向けて6月以内にティラワ経済特区で工場を建設します。

投資額は5200万ドルで、株の割合はトヨタ自動車85%と豊田通商15%となっています。

生産方式はセミノックダウン (SKD)です。これまでトヨタはミャンマーではハイラックス、ラッシュ、ビオスを輸入して販売してきました。

ミャンマーの新車販売は18000台で、去年より倍以上増加しています。

http://www.7daydaily.com/story/157380;31.5.19



戻る

中古車輸入禁止で175の会社が営業停止

2年前から輸入車規制が実施され、2018年1月1日からは中古車の輸入が全面的に禁止されたため、中古車を売買している企業300社のうち175社が営業を停止していると商業省が発表しています。

出所:7 Day Daily,19.5.19


戻る

日本の電力2社、ミャンマーで投資のためTTCLの株式を購入

四国電力と中国電力は、タイのTTCLが保有している121メガワットの発電所の株式の57%を購入しました。

両社は夫々28.5%の株式を取得し、TTCLの持ち分は43%になっています。同発電所は2013年4月に稼動し、2043年5月まで30年間経営する権限をもっています。

前政権時にヤンゴン近郊4箇所で合計220メガワットの火力発電所の建設が許可されました。TTCLに対しては、2018年に500メガワットのLNGガス発電所の建設が許可されています。 この計画は建設コストが5億ドル、建設時期は2年間かかると言われています。

TTCLに対しては、政府によりカレン州モン州で1200メガワットの石炭発電所の建設が許可されましたが、市民の反対で中止になっています。

出所:7 Day Daily,19.5.19



戻る


     

稼動できない水力発電所は6箇所

電力エネルギー省副大臣は5月27日連邦議会で、稼動できない水力発電所が6箇所もあると語りました。

残りの21の水力発電所は一日中稼動できるところもあるが、一日に2時間~4時間しか稼動できないところもあると語りました。

出所:http://burmese.dvb.no/archives/329373;27.5.19

(訳者註:ヤンゴンでは今でも計画停電になっています。毎晩暑くて寝られないです。)


戻る

日本へサツマイモ研修員を派遣

You and I共同組合は、日本政府の支援で日本にサツマイモ栽培研修生を派遣すると語りました。この計画にはNLDと日本政府が協力しています。

研修期間は7月から9月まです。

出所:http://www.7daydaily.com/story/157625း3.6.19


戻る

ミャンマーの労働者1000人を8月下旬に日本へ派遣

日本のOne Heart Human Resources Unionとミャンマー政府が認可した人材派遣会社5社は5月29日、ヤンゴンのスールシャングリラホテルで、日本へ8月下旬から熟練労働者1000人を日本に派遣する覚書に調印しました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/myanmar-japan-/4943100.html?ltflags=mailer;3.6.19


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト

外国投資委員会のMeeting /2019によって認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Everclever (Myanmar) Co.,Ltd.教育サービス
合弁
ヤンゴン管区
ライン区
11.5.19
2Kaung Myat Co.,Ltd.ゴルフ場とホテル
BOT 100%国内資本
マンダレー管区
Patheingyi 区
11.5.19
3Adani Yangon International Terminal Co.,Ltd.アーロン港第二国際ターミナル・コンテナヤードの開発
BOT 100%外資
ヤンゴン管区
アーロン区
26.4.19

出所:ミャンマー投資委員会;30.5.19


戻る

トヨタ、ミャンマーで工場建設

トヨタ自動車は5月26日、ティラワ経済特区にピックアップトラックのノックダウンを行う工場を年内に建設すると発表しました。タイからトラックの中間製品を輸入して、ミャンマーで組み立てる予定です。投資額は数億円ということです。

ミャンマーでは、中古自動車市場が縮小し、新車市場が拡大しており、トヨタはこの新車市場をターゲットにしています。

ミャンマーの中古車市場では90%が日本車であり、中でもトヨタ車は60%~70%を占めています。

2018年に販売された日本の新車は17500台で、去年より倍増しています。スズキはミャンマーで一番売れており年間1万台を販売し、トヨタは3000台以上販売しています。スズキは2013年にミャンマーで初の自動車組立工場を建設しています。

現在、現代自動車、フォード、日産などがミャンマーでノックダウン工場を建設し、自動車を生産しています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/157046;27.5.19


戻る

中国のCNPC、ミャンマーで数百店のガソリンスタンドを建設

中国のCNPCは、ミャンマーで数百店のガソリンスタンドを建設すると発表しました。同社のCEOは、ミャンマーのガソリン消費量は毎年10%増加しており、成長している市場だと語りました。

先ずヤンゴン、マンダレー、ネピドーで50店から開始するとのことです。これらのガソリンスタンドは、CNPCのPetro-chinaのブランド名ではなく、CNPCがシンガポールで使っているSPCのブランド名で開かれる予定です。

SPCはミャンマーのShweTaung社と合弁で3月にヤンゴンで初のガソリンスタンドを開店しています。

出所:7 Day Daily,21.5.19


戻る

ヤンゴンの都市インフラ改良のため、JICAから借入れ

ヤンゴン市で現在使用されている下水道システムは建設から130年以上が経ち、殆どは使用できない状況です。連邦議会は5月20日、ヤンゴン市が下水道システムを含む都市インフラの改善のためJICAから822億7300万円の借入れを行うこと承認しました。

下水道システムの改善計画の実施に要する期間は9年です。

借入金は下水道システムの改善に458億5000万円、ヤンゴン市発展計画に248億5000万円、ヤンゴン、マンダレー電力増強計画に1229万円となっています。

出所:7 Day Daily,21.5.19


戻る

日本の支援で3つの国際空港のレベルアップ

航空管理局は、ヤンゴン、マンダレー、ネピドーの3つの国際空港の航空管制レーダーシステムをレベルアップするため、日本との間で2500万ドルの無償資金供与について合意したと発表しました。

この合意署は4月29日に調印され、2021年に完成することになっています。

ミャンマーでは、1998年にヤンゴン空港に、1999年にマンダレー空港に初めてレーダー管制システムが導入され、2007年にフランスの技術でヤンゴン空港、マンダレー空港、ミエク空港のシステムの更新を行いました。

航空監理局は、現在、飛行機の便数が大幅に増えたため、離発着の管理のため、日本の支援で新しいレーダーシステムを導入することになったと説明しています。

https://myanmar.mmtimes.com/news/122921.htmlး9.5.19


戻る

スカイトレインの建設開始

ヤンゴン管区政府は5月3日、スカイトレイン計画(YUMRTA)の一部区間であるライタヤからパラミまで工事が近い内に開始されると発表しました。

YUMRTA計画は、2012年からJICAが現地調査をはじめ、今年の4月26日にミャンマー鉄道省とJICAが共同でヤンゴン議会に計画の詳細について説明を行っています。

スカイトレインは電気で稼動します。

出所:https://www.bbc.com/burmese/burma-48167154;5.5.19

(訳者註:今の電力の供給状況でどうやってスカイトレインに電力を供給するのか懸念材料となっています。)


戻る

アセアンの移動労働者、ミャンマー人が最多

アセアン諸国の中で、ミャンマー人の移動労働者220万人で、最多となっています。アセアン10カ国の移動労働者は合計で690万人いますが、最多のミャンマーに次いで、インドネシアが120万人で二番目、その後はマレーシア、ラオス、カンボジアの順番になっています。

実際のミャンマー人の移動労働者の数は、アセアンが発表している人数よりはるかに多いと言われています。

現在、毎年タイに働きに行くミャンマー人労働者は20万人います。

出所:http://7daydaily.com/story/155381;6.5.19

(訳者註:タイで働いているミャンマー人労働者は合法、非合法合わせて100万人ぐらいいると言われています。)


戻る

シンガポール、ミャンマー人メイドの訓練センターの開設準備

シンガポールのStraits Timesは、シンガポールのFAST(Foreign Domestic Worker Association for Social Support and Training=外国人労働者の支援と教育を行う協会) )はシンガポールにメイドとして働きに来るミャンマー人女性を訓練するセンターを開くため、ミャンマー政府関係者と協議を行っていると報じました。

FASTのSeahSengChoon委員長は、ミャンマー人女性に料理など必要なことを教えると語りました。

政府は2014年にミャンマー人女性がシンガポール、タイ、香港、マカオ等でメイドとして働くことを禁止しましたが、4月24日にこの禁止を解いたことで、シンガポール側がミャンマー人女性の教育について検討することになったということです。

これまでメイドとして働くことはミャンマー政府が禁止していましたが、シンガポールにはメイドとして働いてミャンマー人女性は5万人ぐらいいるとFASTグループが推定しています。

出所:https://burmese.voanews.com/a/fast-singapore-domestic-helpers-/4905183.html?ltflags=mailer;6.5.19


戻る

中国人妻になるミャンマー女性の価格

画像の説明
中国で捕まったミャンマー人女性等

ヤンゴン管区では中国人男性と結婚するミャンマー人女性の取引市場があり、女性の価格は若い未婚の女性の価格は800万チャット以上になり、40歳くらいの女性は400万チャットと言われています。

画像の説明
結婚相手の男性の宣伝

中国人男性と結婚して男の子が生まれると、男性の家族は歓迎しますが、女の子が生まれると、女性はミャンマーへ返されます。そして、男性はまた次の女性と再婚するということです。

出所:www.phothutaw.com;8.5.19

訳者註:ヤンゴンの最低賃金は一日4800チャットであり、400万~800万チャットは、貧乏な人たちにとっては夢のような金額です。貧困がこういう歪んだ市場を作っているという批判もあります。


戻る

北部ミャンマーで雨が降らない限り停電が続く

ヤンゴン市電力供給委員会(YESC:Yangon Electric Supply Committee)は、水力発電所がある北部ミャンマーで雨が降らない限り、ヤンゴン管区では一日4~6時間停電にならざるを得ないと発表しました。

YESCは、現在、住宅地をA、B、C、Dの4つのゾーンにわけ、各ゾーンで2時間程度の停電を一日2回~3回実施していると述べています。

YESCは5月7日にも、雨が降らないため、水力発電所で水が不足し、ヤンゴン住宅地に計画停電にしていると発表し、停電は5月末まで続くと述べました。計画停電はこれからも必要に応じて実施するとのことです。

市民は、計画停電の時間帯に電気が来ないのは理解できるが、その時間帯以外でも電気がこないのは一番困ると語っています。

出所:http://7daydaily.com/story/155637;9.5.19

(訳者註:ヤンゴン管区では、場所によって一日8時間~12時間停電になるところもあります。)


戻る

労働大臣、「ラオスでの就労を合法化する。」

ミャンマーの労働者がラオスで働くことは公式には許可されていませんでしたが、実際には多くの労働者が働いているため、ミャンマー・ラオス両国政府は、これを認める覚書に調印することになります。 ラオスには中国の工業団地があり、そこの労働者不足を解消するため、4万人以上のミャンマー人労働者が中国の工場などで働いています。

労働省管理局のデータによると、現在ミャンマー人労働者はタイ、マレーシア、シンガポール、韓国、日本、UAE、マカオ、カタール、ヨルダンなどの9カ国で、月に2万人以上が働きに行っています。

出所:http://7daydaily.com/story/155633;9.5.19

(訳者註:海外で働く労働者が増える一方、多くのミャンマーの町では若者が減少して、子供と老人ばかりが目立つようになっています。)


戻る

中国企業の設置した信号管理システム、効果なし。

中国企業が納入した中央管理センターから信号を管理するシステムの試験が5月8日から始まりましたが、道路の渋滞は期待されていたほど減少していないことが分かりました。 担当者は、原因の一つは停電が酷いこともあると語りました。

画像の説明
市内の中央信号管理センター(Photo:Nikki)

ヤンゴンには153個の信号があり、今回は151個の信号の試験を行いました。この信号システムは、中国のCRCCとミャンマーのShwe Yin会社が合弁で納入したものです。

このシステムが成功すれば、ヤンゴンの渋滞を30%減少できるとYRTAの担当者が語りました。

出所:http://7daydaily.com/story/155630;9.5.19


戻る

ヤンゴン高速道路、2020年7月に建設開始

建設省は5月2日、ヤンゴン高速道路の建設を2020年7月に開始し、3年間以内に完工すると発表しました。

建設省は7月~8月に、落札した企業を発表します。入札の実施と道路の設計はIFCが管理しています。

高速道路は一周54キロの内回線と124キロの外回線があります。道路建設は、建設省とヤンゴン管区政府が協力して、Public Private Partnership(PPP)式で行います。

出所:7 Day Daily,3.5.19


戻る

連邦議会、カジノ法案を可決

画像の説明
ワー地域のパンサイン市で開いているカジノ店の風景(Photo:J Maung Maung,Amarapura)

連邦議会は5月6日、カジノ法案を可決しました。
議会は1986年に成立した遊戯法に代わる、新たなカジノ法案を可決しました。この法案によると、外国人が参加できるカジノ店の建設が許可されることになります。

この法律の成立の後、関連法を担当省庁が整備する仕事が残っています。

この法律はシンガポールのカジノ法をサンプルとして作られてます。

この法律は、連邦議会で可決されているため、大統領が署名を拒否しても、7日以内に施行されます。

出所:http://7daydaily.com/story/155400;7.5.19


戻る

電力・エネルギー省副大臣、停電回避の予算を要求

電力・エネルギー省のDr.TunNaing副大臣は、4月30日の連邦議会で停電を回避するための予算をカットしないよう要求しました。

同氏は、ミャンマーは停電が多いが停電からの回復は米国、シンガポールより早いと国会で説明しました。シンガポールでも停電になれば、復旧に数日間かかり、米国では2週間もかかるが、ミャンマーでは数時間で電力が普及すると国会で語ったほか、各新聞の取材でも述べています。

停電が当然のようなこの発言に対し、NLD政権の大臣のレベルが分かると、国民の批判が起きています。

現在、ヤンゴンでは朝9時から11時まで、夜7時から8時まで停電になっており、マンダレーでも計画停電が発表されています。

ヤンゴンでの電力使用量は1500メガワット、マンダレーでは600メガワットになっています。

出所:http://7daydaily.com/story/154937;30.4.19https://burmese.voanews.com/a/myanmar-electricity-breakout/4896562.html?ltflags=mailer;30.4.19

(訳者註: 毎日停電するミャンマーと10年に一度しか停電しないシンガポールを比べてもどうなのかという疑問が市民の間で出ています。)



戻る

ヤンゴン工場団地に計画停電を適用

電力エネルギー省は、発電量が増加していないため、ヤンゴン工業団地に4月後半から計画停電を適用すると発表しました。

4月26日午後4時から10時まで停電するということです。計画停電の順番は、工業団地、ショッピングモール、アパート、住宅地になりますが、電力エネルギー省の説明によると工業団地、ショッピングモールなどは自家発の装置を保有しているからということです。

乾季には、水量が減るため水力発電所の発電量が減少すると同省は発表しています。

ヤンゴン管区には29の工業団地がありますが、自家発のコストは通常の電力料金の倍かかります。

工業団地の工場等は、停電時には電気がないが、停電でない時でも5分しか電気が来ないので、実質的には電気がないと同じだと語っています。

出所:7Day Daily,29.4.19
(訳者註:現在で住宅地でも一日2-3回停電になります。)



戻る

建設省、建設会社74社のブラックリスト発表

建設省は4月23日、建設会社74社のブラックリストを発表しました。

出所:7Day Daily,25.4.19


戻る

世銀、「ミャンマーの経済成長率、今後2年間増加」

世銀の2019年4月の発表によると、ミャンマーの経済成長率は今後2年間増加するということです。

世銀の予測では、2019年の成長率は6.5%、2020年は6.6%になり、2018年の6.2%より増加しています。

出所:7Day Daily,25.4.19


戻る

日本の保険会社5社、国内保険会社と合弁

日本の保険会社5社は、国内の保険会社と合弁で(最大持分35%)、会社を設立して、サービスを提供しています。

東京海上はGrand Guardian社、日本生命はGrand Guardian、 三井住友海上はIKBZ、損保ホールディングはAYA Insurance、明治安田生命はタイのLife InsuranceとCitizen Business Insuranceと合弁しています。

東京海上の投資額は4400万ドル、日本生命の投資額は1800万ドルです。

出所:7Day Daily,29.4.19


戻る

ヤンゴンバス(YBS)、日本の技術支援でシステムアップ

丸山在ミャンマー日本大使は、来年日本がヤンゴンバスシステム(Yangon Bus System)のレベルアップのため技術支援をすると語りました。

ヤンゴン政府は2017年1月にバス5000台以上を購入して、運行しています。

出所:7Day Daily,29.4.19


戻る

鉄道と重工業を含む12の公社、赤字

鉄道、重工業を含む12の公社が赤字になっていることが分かりました。2017年には80億チャット、2018年上半期で40億チャットの赤字になっています。

赤字公社の中では、電力販売が最も多く、その次は鉄道で、工業省傘下の重工業、薬品業の公社も赤字です。

出所:https://www.bbc.com/burmese/burma-48116268;1.5.19


戻る

ミャンマーの雇用状況

ミャンマーでは雇用は2400万ありますが、90%以上が農業、自営用、中小企業です。2100万の雇用は伝統的な仕事であり、200万は近代的民間雇用、100万は政府雇用です。

世銀の「Myanmar’s Future Jobs」の報告では、ミャンマーの雇用状態は近隣諸国よりはるかに低いレベルだと述べています。

多く労働者は1週間に40時間以上働きますが、十分な所得があるのは5%しかありません。
ミャンマー労働者の中で熟練労働者として認められているのは3%しかありません。良い仕事を得るために300万人以上の労働者が海外へ出かけて働いています。

国内労働者の40%は単純労働であり、食品販売、運転手、掃除、農業、建設、運輸、軍人などです。

農業労働者の賃金は一番低いです。
農民の多くはタイ、中国へ出稼ぎに出ています。

ミャンマーの経営者が一番困っている問題は、国内で熟練労働者が不足していることです。 労働者の20%が高卒です。 学校行かなかった人と小学校卒の人の賃金は同じであり、小学校教育は労働市場では価値がないとも言えます。

中学校以上の教育も雇用市場の必要を満たすことができていません。80%の事業者が現在のミャンマーの教育では労働者の熟練度も知識も達成できないと思っています。

事業者は自分の職場で労働者の教育をしているが、満足にできているのは5%程度という状況です。熟練した管理者を採用するのは困難です。

経営者は、日本や韓国のようなレベルの管理者を採用できないと事業を発展させるのは難しいと思っています。

近隣諸国と比較すると、ミャンマーの農業の生産性は非常に低いです。エーヤワデイ管区では米を生産するため、131日間かかりますが、カンボジアでは52日間です。

ミャンマーの労働者の一日の賃金は籾20キロですが、タイでは500キロ以上になります。

https://burmese.voanews.com/a/current-affairs-analysis-future-jobs-in-burma-myanmar/4900292.html?ltflags=mailer;2.5.19


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト

外国投資委員会のMeeting/2019によって4月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Pacific Medical Industries Ltd薬品製造
100%国内資本
ヤンゴン管区
ダゴンセッカン工業団地
5.4.19
2American International Partners Ltdインターナショナルスクール
100%外資
ヤンゴン管区
ライン区
5.4.19
3Shwe Myanmar Airline Co.,Ltd.航空燃料輸入
100%国内資本
全国の空港5.4.19

出所:ミャンマー投資委員会;18.4.19


戻る

タイから携帯電話で送金が可能に

ミャンマーとタイの中央銀行は4月4日、タイで働いているミャンマー人労働者が携帯電話でミャンマーへ送金できるシステムを許可しました。

ミャンマー政府は、ミャンマーのShwe銀行とタイのKrungthai(KTB)が共同で進めているEverexシステムを許可しました。このシステムを使うとタイからミャンマーのどこへでも携帯電話で送金できます。

タイ中央銀行のVeerathai Santiprabho総裁は、このシステムよりタイで働いている300万人のミャンマー人労働者がこれまでより安全に送金できるようになるとが語りました。

これまでタイで働いているミャンマー人の多くは違法な方法でミャンマーに送金をしていました。

出所:http://www.7daydaily.com/story/154021;8.4.19


戻る

アジア開発銀行(ADB)のミャンマー経済成長の予測

アジア開発銀行(ADB)は、2019年のミャンマー経済は、ミャンマー政府の政策の改善などにより外国からの投資が増加し、成長すると予測しています。

2018年10月~2019年1月の外国からの投資は15億ドルに達し、前年同期と比べ2倍に増加しています。2018年の経済成長率は6.2%でしたが、2019年は6.8%とADBは予測しています。

観光については、米国とEUからの訪問客は減少するが、アジアやその他の地域からの訪問客が増加すると予測しています。

出所:https://burmese.voanews.com/a/adb-hope-on-the-myanmar-economic-development-/4859949.html;3.4.19


戻る

国内銀行間のモバイル決済、2020年までに開始

中央銀行のDaw Myint Myint Kyi局長は、国内銀行間のモバイル決済を2020年までに実施すると語りました。

この計画は中央銀行が実施する全国決済システム一部です。

この全国決済システムは、日本の支援で実施されるもので、最初に中央銀行と民間銀行との間に適用され、次いで国内の銀行間の決済に適用されます。

中央銀行は、支払いについて、交通系のカード5社のほか、中央銀行と国内銀行の間で利用されるMPUカード、Union Pay、JCB、VISA、Masterなどの5種類のクレジットカードを許可しています。

さらに、携帯で支払うWave Money、M-pitsam。Internet Wallet、Mytel等も許可しました。

国内銀行10行に対しても携帯の決済を許可しましたが、無許可で決済を行っている会社もあります。

出所:http://www.7daydaily.com/story/153594;2.4.19


戻る

シンガポールのガソリン販売業者、ヤンゴンで営業開始

シンガポールのSPCは3月30日に、Shwe Taungグループと合弁でヤンゴンで初の外資系ガソリンスタンドの営業を開始しました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/spc-shwe-taung-patrol-gas-station-myanmar-/4854746.html?ltflags=mailer;30.3.19


戻る

中国・ミャンマーの国境貿易、減少

2018年以後、中国政府がミャンマーとの国境貿易を規制したため、国境貿易額は数100万ドル減少しています。

ミャンマーから中国へは豆、トウモロコシ、米、牛等を輸出していますが、中国側はこれ等を違法商品として規制しています。一方中国の商品はミャンマーへ大量に無許可で輸入されています。

北シャン州ムセの国境貿易所は、ミャンマーにある15か所の国境貿易所の中で最大ですが、ここでミャンマーの輸出の65%が取り扱われています。

出所:https://www.rfa.org/burmese/news/decline-in-china-myanmar-border-trade-03302019045017.html;30.3.19


戻る

タイ・ミャンマー友好橋、開通

3月19日にタイとミャンマーの国境貿易を促進する第二の友好橋の開通式が行われ、スーチー国家顧問とタイの首相が参加しました。

タイとミャンマーの国境貿易は年800億バーツ~1000億バーツに上り、橋が一つしかないため交通渋滞が頻繁に起きていたため、第二の橋をタイ側が建設しました。この橋の建設資金42億8100万バーツは全額タイ側が負担しました。

この橋はミャンマーのミャワディとタイのメーソートを繋ぐもので、全長17キロあります。

出所:https://burmese.voanews.com/a/thai-myanmar-friendship-bridge-opening/4837453.html;19.3.19


戻る

ヤンゴンのスカイロード計画のPQ発表

建設省とヤンゴン管区府が共同でPublic Private Partnership(PPP)方式で進めているヤンゴンスカイロード計画のフェーズIについて、提案計画書を提出した12社のうち下記の10社が予備審査を通りました。

無題

この計画は政府の優先プロジェクトの一つであり、ヤンゴンの激しい交通渋滞を解消し、経済、社会、交通状況などを改善する狙いがあります。

出所:https://www.imyanmarhouse.com/news/read/803346?utm_source=newsletter-monthly-most-popular-news&utm_medium=email&utm_campaign=imyanmarhouse-newsletter-monthly-most-popular-news;8.2.19



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2019-3-19 )

外国投資委員会のMeeting/2019によって3月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Mutsumi & Mingalar Co.,Ltd.プラスチック商品生産
合弁
バゴー管区
バゴー市
15.3.19
2Lin Brother Co.,Ltd.農業、建築用プラスチック商品生産
100%国内資本
ヤンゴン管区
東ダゴン工業団地
15.3.19
3Myanmar Commercial Development Co.,Ltd.ホテルサービス
合弁
シャン州
ムセ市
15.3.19
4ACK and CO Services Co.,Ltd.教育サービス
100%国内資本
ヤンゴン、マンダレー、ザガインなど6管区15.3.19
5Star Resources Co.,Ltd.Hospitality and Business Management 関連教育サービス
100%国内資本
ヤンゴン管区
東ダゴン工業団地
15.3.19
6Southern Myanmar Development Co.,Ltd.LPG貯蔵設備運営
100%外資
ヤンゴン管区
Sanchaung区
15.3.19

出所:ミャンマー投資委員会;2.4.19


戻る

HG Metal社の鉄筋加工工場、稼動開始

ヤンゴン市の東ダゴン工業団地に1200万ドルを投資して建設されたHG Metal社の鉄筋加工工場が稼動を開始しました。この工場で年間鉄筋5万トンの加工処理ができます。

HG Metalの親会社は東南アジアの大手企業であり、エネルギー、輸送、水運、電力などの分野で活動しています。

HG Metalは、Fortune Peak Investment Pte. Ltd.とYNJ Engineering Co., Ltd.の合弁企業であり、ミャンマー最初の鉄筋の加工を行っています。

HG Metalは、ミャンマーでは今後ヤンゴン駅建設計画、ヤンゴン・ダラー橋建設計画、ヤンゴンスカイトレイン計画、住宅建設など大型のインフラ整備が進むと予想され、その需要を見込んで工場建設を行ったと語っています。

ミャンマーの鉄の使用量は年5%増加し、2020年に300万トン、2025年には500万トンになると予測されています。

出所:https://www.imyanmarhouse.com/news/read/807097?utm_source=newsletter-latest-news&utm_medium=email&utm_campaign=imyanmarhouse-newsletter-latest-news;22.2.19


戻る

	

カナダ企業、ミャンマーでリチウム鉱探査の準備

カナダのAsia Base Metal社は、リチウム鉱山開発のため4200エーカーの土地の探査権を投資会社管理局に申請しました。

出所:7 Day Daily,18.2.19


戻る

Wave Money、2018年に10億ドル以上の決済サービス

電子通貨決済サービスのWave Moneyは、2018年に13億ドルの金融決済サービスを行い、利用者は700万人以上だと発表しました。

同社のCEO、 Arvinder Grewal氏は、同社は現在、代理店41000店、ATM機3000台、取引可能銀行2000行以上あるが、ネットワークを3倍に増強し、国内生産(GDP)の2%相当の金額の決済サービスをしたいと語りました。

Wave Moneyは2016年9月に中央銀行の許可を取得し、これまで1720万ドルの投資を行ってきました。同社のシェアの51%はノルウエーのTelenorが保有し、残り49%はミャンマーのYoma銀行が持っています。

出所:7 Day Daily,28.2.19


戻る

携帯用電子決済サービスのRed Dot、突然撤退

アイスランド資本の電子通貨決済サービス企業、Red Dot社は2015年にミャンマーでの営業を開始しましたが、突然ミャンマーから撤退しました。これによるミャンマー人利用者の損害は数百万ドルと予想されています。

Ret Dotの代理店はミャンマー全国で2万店以上あります。Red Dotはミャンマーで初の外資系の携帯用電子通貨サービスを運営した会社です。

同社の突然の撤退後、投資会社管理局(MIC)は、同社はMICの許可をとっていないと発表し、中央銀行も中央銀行から許可とっていないと発表して、相互に責任転嫁しています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/149639;10.2.19


戻る

 

米輸出、約50%減少

EUがミャンマーからの米の輸入に対し特恵関税を廃止したのに加え、中国がミャンマー米の購入価格を下げ、輸入量を削減したため、米の輸出量が減少しています。

現在毎日3万キロの米が中国へ違法で輸出されているといわれています。

ミャンマー米の殆どは中国とアフリカへ輸出されており、政府は今後は新しい市場であるインドネシア、マレーシア、フィリピン等への輸出について各国に打診しています。

こういった状況の中で、2017年度の米の輸出量は350万トンでしたが、2018年度は170万トン程度しか輸出できていません。

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2019/01/22/180942.html;22.1.19


戻る

韓国企業にHlegu市の工業団地建設を許可

外国投資委員会は2月27日、韓国のLH(Korea Land and Housing Corporation)に対しHlegu市Nyang nyapin(2008年憲法を作成した場所)での工業団地建設を許可しました。

投資額は、第1期計画が5000万ドルで、プロジェクト全体では10億ドルです。出資割合はミャンマー側40%、韓国政府60%になっています。

プロジェクト全体の敷地は550エーカーで、その中にスマートシティ、工業団地、職業訓練学校、住宅、商業用ビルなどが入る予定です。

韓国政府とミャンマー政府(ミャンマー工業市計画KMIC)は2017年6月16日、この計画について調印しました。

出所:7 Day Daily,28.2.19


戻る

ヤンゴン市長、YCDCの牧場を視察

NLD政権になってから3年が経過しましたが、ヤンゴン市長は2月27日に、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)が運営している牧場を訪問し、牛乳の生産を視察しました。

この牧場では牝牛ではなく牡牛しか育てていないため、牛乳の生産は行われておらず、5年間で8800万チャットの赤字を生んでいます。

これ一つ見てもNLD政権の幹部の実力が分かる、牡牛のどこから牛乳が出るのかと市民の間で怒りと笑いを呼んでいます。

出所:7 Day Daily,28.2.19


戻る

中国政府、政府各省の中国語材育成を支援

Li Xiaoyanヤンゴン駐在中国公使は、中国政府はミャンマー・中国の経済関係の発展のため、建設省を初めミャンマー政府各省の中国語人材育成を支援していると語りました。

ミャンマー・中国経済プラットフォーム計画では、中国雲南省昆明からミャンマー、バングラデシュを通ってインドのカルカッタまでつながる2800キロの道路の建設があげられています。

中国は、ミャンマーでラカイン州のチャオピュー港を含め203億ドル以上の投資をしています。
出所:http://www.7daydaily.com/story/151368;6.3.19


戻る

電気自動車の充電ステーションの設置を認可

工業大臣は、電気自動車の充電ステーションをPPP方式(Public Private Partnership)で建設することを許可すると語りました。

ヤンゴン・マンダレー道路では8ヶ所、ヤンゴン管区では36ヶ所、ネピドーでは5ヶ所の充電ステーションを建設する予定です。これらの充電ステーションでは30分で充電を完了する急速充電システムが採用される予定です。

現在、ミャンマー国内では日産がリーフの販売を行っており、200台ぐらい使われています。この自動車は自宅で充電すれば、6時間から9時間かかり不便です。

工業省は2018年11月4日にハンガリーのGreen Power Myanmar社と共同で電気バスを生産する合意書に調印しています。

ミャンマー用300台とスリランカ、インド、シンガポールなどの輸出用に7000台生産すると発表しています。

出所:https://burma.irrawaddy.com/news/2019/02/26/184555.html;26.2.19


戻る

パゴー川第3タンリャン橋の竣工式

画像の説明
第3タンリャン橋の竣工式の様子(Photo:Pyoe Min Thein Facebook)

2月13日、日本とミャンマーの関係者が主催して第3タンリャン橋の竣工式が開催されました。

ヤンゴン管区政府は、この橋はティラワ経済特区の発展に必要なインフラであり、東ヤンゴン開発に不可欠であると語りました。

橋の全長は3500メートルで、ヤンゴン側には800メートルの陸橋が含まれています。

橋の建設費は総額で3億2000万ドルで、2017年3月1日に2億8200万ドルの融資の合意書が調印されており、これ以外にミャンマー政府が4000万ドルの資金を出すことになっています。建設期間は39ヶ月で、2022年中葉に完成します。

ヤンゴン側の陸橋は東急建設が担当します。

出所:http://www.7daydaily.com/story/149940;14.2.19



戻る

      

ラカイン州のシットウェー港、インドが運営管理

画像の説明
シットウェー港(Photo:Maung Kan)

インドの支援で建設したラカイン州シットウェー港はインドが運営管理するとインドの担当大臣が語りました。

インドとミャンマーは2018年10月22日、シットウェー港の運営管理の合意書に調印しました。

インド政府は、中国の一帯一路政策に対抗するため、同港を建設しました。

出所:http://www.7daydaily.com/story/147268;13.1.19


戻る

日本政府、ラカイン州の外資取得を支援

駐緬日本大使は、日本政府は日本の投資家の投資を応援することによりラカイン州が進めている外資の誘致を支援すると語りました。

ラカイン州政府は、ロヒンギャ問題と民族紛争で世界中から批判を浴びている現状を解決するため、州経済の発展が不可欠として同州へ出資する外資を探しています。

ラカイン州政府は、「世界のためラカイン州にビジネスチャンスを」というスローガンを掲げて、JICAとJETROの協力を得て2月21日から23日まで初の日本投資促進会を開催しました。

この投資促進会は、農業と漁業、観光、中小企業の3つをテーマとして投資を誘致しています。

日本大使は、日本政府はラカイン州のインフラ整備、特に道路と電力供給の改善を主に支援する予定だと語りました。

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2019/02/12/183128.html;12.2.19


戻る

シンガポールのYoma Strategic 、YKKOの株65%購入

シンガポールのYoma Strategic Holdingsは、ミャンマー大手の食品会社であるYKKO
(Yankin Kyay Oh Group of Companies Limited)の株式の65%を194億チャット(約1260万ドルで購入しました。

YomaはミャンマーでKFC、Yoma Beer High Class Whiskeyなどを運営しており、今回の株式ん購入は食品分野を強化する狙いです。

YKKOの店舗はミャンマー国内に40店、海外に37店あります。

出所:https://burma.irrawaddy.com/news/short-news/2019/02/11/183070.html;11.2.19



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2019-2-19)

外国投資委員会のMeeting /2019によって2月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1BelGa Myanmar Ltd.(蘭)小鳥生産
100%外資
バゴー管区
バゴー市
20.2.19
2MAYLP Agriculture Co.,Ltd.契約式の農業
合弁
ネピドー20.2.19
3Top Galaxy (Myanmar) Apparel LtdCMP式繊維業
100%外資
ヤンゴン管区
Hmawbi 市
20.2.19
4KMIC Development Co.,Ltd.(韓国)工業団地の開発(Phase 1)
合弁
ヤンゴン管区
エーヤワディ管区
20.2.19
5Vpower Myanmar Ltd,90MW火力発電所建設
100%外資
マンダレー管区
Myinchan市
20.2.19
6ARO COMMERCIAL CO.,LTD.卸売業及び小売業 
100%外資
ヤンゴン管区
Mingala Taungnyunt区
20.2.19

出所:ミャンマー投資委員会;27.2.19


戻る

各国の大使館がミャンマー使用している自動車のナンバー


国名ナンバープレート
 米国 Tan/1
 英国Tan/2
 インドTan/3
 フランスTan/4
 パキスタンTan/5
 スリランカTan/6
 タイTan/7
 インドネシアTan/8
 中国Tan/9
 ロシアTan/10
 ユゴスラビアTan/11
 イスラエルTan/12
 日本Tan/14
 ドイツTan/15
 オストラリアTan/16
 ラオスTan/17
 エジプトTan/18
 フィリピンTan/19
 ネパルTan/20
 チェコTan/21
 イタリアTan/22
 マレシアTan/23
 バングラデシュTan/24
 ベトナムTan/25
 シンガポルTan/26
 韓国Tan/27
 ブルネイTan/28
 カンボジアTan/29
				

13はありませんね。


戻る

中央銀行、日本円と中国元を国際決済通貨に認定

中央銀行は1月30日の記者会見で、国内銀行に対し日本円と中国元を国際決済通貨として認定したと発表しました。

これまで国内銀行と外貨交換所では、米ドル、シンガポールドル、タイバーツ、ユーロの売買だけが認められていましたが、1月28日/29日に行われたミャンマー投資サミット2019で、中国、マカオのビジネスマンがミャンマーで中国元が交換できないことや、ドルの新札しか交換できないことに対し、改善の要求が出ました。 その結果、中国元の国内での両替や国際貿易での支払いなどが認められることになりました。

さらに、中央銀行は日本の企業に対する市場拡大のため、円の交換と国際貿易の支払いなどをも認めました。

出所:http://7daydaily.com/story/148857;31.1.19


戻る

20年以内に中位の貿易国になることを期待

スーチー国家顧問は1月28日に行われたミャンマー投資サミット2019で、ミャンマーが20年以内に2000億ドル程度の外貨保有高を有する中位の貿易国になることを期待していると語りました。

スーチー氏は、ミャンマーへの今年の外国からの投資は去年より45%増加していると語りました。2018年度のGDP成長率は7.4%であり、2017年度は6.8%でした。2018年度のインフレは5%で安定していますが、2015年のインフレは9.9%でした。

ティラワ経済特区に対しては外国から15億ドルの投資がありました。
ミャンマーは35億人の人口を持つ中国、インド、アセアン国の中心にあるため、市場拡大のポテンシャルが高いです。

1月28日/29日の2日間で行われたミャンマー投資サミット2019には海外からビジネスマン1600人以上が参加しました。 最も多かったのは中国からの参加者です。

ミャンマー政府は120件の投資計画(総額30億ドル)を紹介しました。

http://7daydaily.com/story/148669;29.1.19


戻る

国内で生産した自動車にヤンゴンラインセンス提供

ヤンゴン管区政府の担当官は、韓国の現代自動車の工場の竣工式に出席し、国内で生産した車に対し特別にヤンゴンラインセンスを提供すると語りました。

ミャンマーでは現代自動車を含め、自動車組立をしている工場は10社あります。

出所:http://www.7daydaily.com/story/149651;10.2.19


戻る

中央銀行、為替レートの発表を16時に変更

中央銀行は、これまで為替レートを毎日9時に発表してきましたが、2月5日から16時に発表すると語りました。

出所:http://7daydaily.com/story/149235;5.2.19


戻る

オンライン登記をしない会社13000社を登録リストから削除

ミャンマー投資局(MIC)は2月7日の記者会見で、オンライン登記をしない会社13000社以上を登録リストから削除したと発表しました。

2017年に登録されていた会社は6万社以上あり、これらに対し6ヶ月以内にオンライン登記をするように呼び掛けていましたが、期限までに47000社しか登記しなかったということです。

出所:https://www.imyanmarhouse.com/news/read/803354?utm_source=newsletter-latest-news&utm_medium=email&utm_campaign=imyanmarhouse-newsletter-latest-news;8.2.19



戻る

国内の銀行に対し、外資35%まで許可

中央銀行は1月29日、外資が国内銀行に対し35%まで出資することを認めると発表しました。

これは2018年8月1日に実施された新会社法に基づき、国内の銀行に対し外資の導入を許可する措置です。

また中央銀行は2018年11月8日からミャンマーに店舗を開いている外資系銀行に対し、国内での営業を許可しました。

出所:http://7daydaily.com/story/148930;1.2.19


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2019-2ー6)

外国投資委員会のMeeting /2019によって2月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1De Heus Myanmar Ltd水産用エア生産、販売
100%外資
ヤンゴン管区
Hmawbi 市
4.2.19
2Grobal Earth Agro & Aqua Industry Public Co.,Ltd.魚加工、
100%外資
エーヤワディ管区
Pantanaw 市
4.2.19
3Asia Glory International Co.,Ltd.パルプ製造
合弁
ヤンゴン管区
Hmawbi 市
4.2.19
4Myanmar Sinochem Industry Co.,Ltd.塩化スルフリル製造 
100%外資
ヤンゴン管区
セッカン区
4.2.19
5Mon Pertol Co.,Ltd.港湾建設
100%国内資
モン州
Mudon市
4.2.19



 出所:ミャンマー投資委員会;6.2.19


戻る

会社のオンライン登録、期限後は罰金

オンラインの会社登録(MYCO)の期限は今月末で、それまでに登録を完了しない会社は以後会社として認められないことになります。所轄庁の担当者は、1月15日に行われた説明会で、今後、会社登録を希望する場合は、罰金払って登録することになると話しました。

罰金は有限会社なら25万チャット、株式会社なら250万チャットです。

DICAの統計によると、これまでにオンライン登録をした新設会社は9300社、既存会社は45700社で、1日に500社の登記があります。ミャンマー全体では、既存会社は6万社以上あります。

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2019/01/17/180436.html;17.1.19


戻る

EU、ミャンマー米を特恵関税の範囲外に

ミャンマー米協会の発表によると、EUは1月18日から3年間ミャンマー米を特恵関税から外す措置をとったとのことです。

1月17日に、1月18日からの輸入関税は、最初の1年が米1トン当たりに175ユーロ、2年目は150ユーロ、3年目は125ユーロになると発表されました。

ミャンマーはEUへ米を年間約40万トン輸出しています。

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2019/01/18/180563.html;18.1.19


戻る

中央銀行、「無担保ローンの利子は16%以下に。」

画像の説明
銀行から預金を引き出す様子

中央銀行は1月15日に、民間銀行の無担保ローンの利子率は16%以下にするガイドラインを発表しました。

出所:https://www.bbc.com/burmese/burma-46887386း16.1.19


戻る

日本からの融資でバゴー川に橋建設

日本からの2億8200万ドルの融資を使い、バゴー川の第三タンリャン橋を建設します。建設を2019年3月に開始され、2023年に完成する予定です。

この橋はティラワ経済特区から東西に繋がる橋であり、ティラワ経済特区の発展に重要なものです。

出所:https://www.imyanmarhouse.com/news/read/794340?utm_source=newsletter-latest-news&utm_medium=email&utm_campaign=imyanmarhouse-newsletter-latest-news;2.1.19


戻る

もみ殻を燃料とした発電プラント、近々運転開始

エーヤワデイ管区MyaungMya市ではもみ殻を燃料にした発電所の運転を今年の前半に開始します。

この発電所は、Myanmar Agribusiness Public Corporation (MAPCO) Limited(MAPCO)と日本のフジタが共同で進めています。発電能力は1.8MWHです。

事業の出資割合はフジタが80%とMAPCO20%になっています。

現在、建設は85%完了し、2月末に稼動開始の予定です。

出所:https://burma.irrawaddy.com/news/2019/01/12/179932.html;12.1.19


戻る

タイのCPグループ、ミャンマーでバイク生産

タイのCP(Chareon Pokaphan)グループは、ミャンマーでCPMブランドのバイクを生産すると発表しました。

同社は、年間10万台のバイクを生産できる工場を2017年からマンダレーに建設していましたが、2019年1月に稼動を開始します。

同社の責任者Charas Chitkittlchamarasは1月20日、マンダレーで行われたバイクの発表会で同社の製品には1年間あるいは12,000キロの保証を付けていると語りました。

出所:7 Day Daily,17.1.19


戻る

Eペイメントの新会社誕生

My Tel通信会社(ベトナム通信とミャンマー企業の合弁会社)とベトナムのレンタルサービス会社FastGoは1月2日、ミャンマーでEペイメントの共同事業(E-walletシステム)を開始すると発表しました。

FastGoは、2019年にヤンゴン、マンダレーで 10万台のタクシー事業を実施すると発表しています。

My TelはFastGoのタクシーの運転手のため、移動通信ネットワークとE-Walletシステムサービスを提供します。

同社が、2017年からレンタルサービスを始めているシンガポールのGrab社と競争できるかどうか興味深いです。

出所:7 Day Daily,4.1.19


戻る

ヤンゴン株式市場の現状

ヤンゴン株式市場の2018年の売買額は110億チャットであり、3年間で最も低調でした。

2016年に始まった時点で、登録された銘柄は3社しかありませんでしたが、売買株数は250万株、金額では700億チャットでした。 2017年は登録された銘柄は4社、売買株数は270万株、金額は220億チャットでした。2018年は、登録された銘柄は5社で、売買株数は230万件、金額は110億チャットでした。

株式を購入した人は30万人以上いますが、実際に売買しているのは300人~500人t言われています。

株式相場が年々下がっているため、株に興味がある人が減少しています。

出所:7 Day Daily,4.1.19



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2019-1ー15 )

外国投資委員会のMeeting/2019によって1月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Myanmar C.P Livestock Co.,Ltd.保存用加工肉製品製造
100%外資
ヤンゴン管区
東ダゴン区
11.1.19
2Wilmar Myanmar Riceland Limited米及び関連商品製造
合弁
ヤンゴン管区
テイラワ工業団地
11.1.19
3Myanmar Golden Southwes Group Co.,Ltd.動物飼料製造
合弁
ヤンゴン管区
モービ市
11.1.19
4Myanmar Golden Southwes Group Co.,Ltd.小鳥販売
合弁
ヤンゴン管区
モービ市
11.1.19
5Xin Mei Manufacturing(Myanmar)Co.,Ltd.CMP式繊維業
100%外資
ヤンゴン管区
ライタヤ工業団地
11.1.19
6Yoma Micro Power Myanmar Ltd.太陽光発電(*)
100%外資
ザガイン管区
マグウェー市
11.1.19
7CECA Gold Co.,Ltd.LPGの輸入販売
合弁
ヤンゴン管区
Kyautan市
11.1.19


(*)To provide off-grid telecom towers and rural villages, grid-quality plants and mini-grids electricity through solar-powered micro power


出所:ミャンマー投資委員会;15.1.19


戻る

オンラインシステムでの会社登記は70 %完了

去年の8月から全ての会社のオンラインシステムでの登記が義務付けられましたが、2019年1月2日現在でオンライン登記された会社は42000社です。

以前の登記会社数は6万社以上でしたから70%弱しかありません。

この登記の期限は2019年1月31日で、オンライン登記をしない会社は自動的に会社リストから外されます。

出所:7 Day Daily,3.1.19

(訳者註:オンラインシステムでの申請は簡単でないため、登記をしていない会社も多いようです。1月31日の締切り日で、5万社が登録したとしても、1万社以上の減少にもなります。)


戻る

ヤンゴンのTime Cityにヒルトンホテル

1月12日、YCDCとCrown Advanced Constructionが共同で建設したTime Cityに米国のヒルトンホテルグループがホテルを建設することが発表されました。

ホテルは室数308で2020年に開業する予定です。

ヒルトンホテルグループは2014年からネピドー、マンダレー、がパリにホテルをオープンしています。また、バガン、インレイにもホテルを建設する計画があると発表しています。

ヒルトンホテルのPaul Hutton東南アジア事業部副部長は、2022年にミャンマーへの観光客が750万になると予想して、ヤンゴンでホテルを開くことにしたと話しました。

Time Cityはヤンゴン市内の10エーカーの土地に開発された地域で、オフィス、商業施設、住宅などが入っています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/147259;13.1.19


戻る

SingtelのE-Walletでシンガポールから送金可能に

シンガポールのSingtelは、自社のE-Walletサービスでミャンマーへ送金することを可能にして、ミャンマーの電子決済市場に参入しました。

このサービスは今年の3月に開始され、シンガポールにいるミャンマー人18万人は銀行口座なしでミャンマーの家族に送金ができるようになります。
このサービスは、国連のUNCDFとシンガポールのSingtelが共同で開発したもので、メコン川流域にすむ貧困な人達への送金を可能にするもので、ミャンマーは初の対象国です。

海外で働いているミャンマー人の送金の総額は2017年には62億ドルで、多くは許可がない送金業者を使用して送金されています。この仕組みでは送金に時間がかかり他、料金や安全性に問題があるため、Singtelがこのサービスを開始したと発表しています。

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2019/01/10/179641.html;10.1.19


戻る

ネピドーで大使館の開設用に土地を1エーカー50万ドルで販売

ネピドーで各国の大使館がおかれている外交地区では、土地が1エーカー当りを50万ドルで取引されています。

現在、バングラデシュ、マレーシア、ブルネイが大使館の移動を決定し、土地の契約を締結し、地代も支払い済みです。

カタールは契約準備をしているとネピドー市の開発委員会の担当者が記者等に語りました。

さらに、中国、ロシア、フィリピン、クウェート、ブルネイ、マレーシア等が大使館の移動に合意したことが分かりました。

外交地区には広さ1550エーカーの土地があり、これを120に分けて、現在1エーカーに50万ドルとして決定しています。

バングラデシュは2011年に大使館の建物建設を開始し、中国は連絡事務所を開いています。一つの大使館の広さは5エーカーで最大10エーカー購入できます。

アメリカを含む多くの国は最初に連絡事務所を開く準備をしています。ミャンマーには
35の大使館があります。

出所:https://www.rfa.org/burmese/news/several-foreign-embassies-in-ygn-planning-to-move-to-naypyidaw-01122019064327.html;12.1.19



戻る

マンダレー市の再開発のための航空写真

画像の説明
マンダレー市の航空写真(Photo:Dr.Thet Mg Mg)

政府は、マンダレー市の交通システム、下上水道などの整備と再開発のため、航空写真を撮影しました。再開発の対象となる地区の面積は46,000エーカーです。

マンダレー都市開発委員会(MCDC)は、この写真の撮影を含め地図の作成をする業務はアジア航測(Asia Air Survey)が落札したと発表しています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/146550;5.1.19


戻る

日本、14種類の職業でミャンマー人労働者を雇用

ミャンマーの入国管理局は、日本との二国間合意により2019年4月から14種類の職種でミャンマー人労働者が日本で働けることになったと発表しました。

これらの職業には、老人ホーム、鉄関連事業、建機業、電気業、建設、造船、自動車産業、空港関連業、ホテル、農業、漁業、食品、食堂などが含まれています。

日本で働くためには日本語が一定程度できることが条件で、日本の担当部署が試験を行うことになっています。

現在、ミャンマーには日本に労働者を派遣する業者が200以上あります。

出所:http://www.phothutaw.com/2019/01/blog-post_22.html;2.1.19


戻る

外資系保険会社に初の認可

計画・財務省は1月2日、外資系の保険会社に対し国内での保険事業を許可すると発表しました。

2013年に国内の保険会社11社に事業が認可されてから、6年後に外資系に認可がだされることとなりました。

出所:http://7daydaily.com/story/146428;3.1.19


戻る

華為、ミャンマーで学校開設

中国の通信技術企業、華為はミャンマーでデータ通信技術とIT関連の学校を開設することにつき教育省との間で覚書に調印しました。

この計画は前政権の時代に合意されたものです。華為は2014年から科学技術省と協力して、データと技術を提供しています。

華為は、ミャンマーのIT関連分野で優秀な学生を選抜して教育し、彼らを通じてミャンマーでその製品を広く普及させる狙いがあると見られています。

出所:https://www.bbc.com/burmese/burma-46722998;31.1.19


戻る

現政権の貧弱な海外融資の使用実績

連邦統計委員会の報告書は、NLD政権になってから2年間で海外から38億4400万ドル以上の融資を受けたが、これまで使用されたのは9100万ドル(全体の約3%弱)に過ぎないと述べています。

前政権の5年間では海外からの融資額72億ドルのうち、33億ドル(48%)が使用されました。

各省は融資を受けた後、その資金を使用していないにも関わらず、この融資に対する利子の支払いは行っています。連邦統計委員会は、各省に対し融資された資金を早急に使用すること、また使用の計画がなければ融資を受けないように要請しています。

1988年~2011年には主に中国から融資を受け、2012年~2016年のテインセイン政権時には主に日本から融資を受けていました。現政権時になってからは、主に世銀から融資を受けています。

出所:7 Day Daily,30.11.18


戻る

国軍、4ヶ月以上の停戦を発表

ミンアラウィン国軍司令官は記者協会との会見で、国軍は2018年12月21日から2019年4月30日まで、殆どの地域で停戦したと発表しました。

出所:7 Day Daily,22.12.18

訳者註:5月からミャンマーは雨季に入り道路状況などが悪くなるため、11月の乾季になるまで、紛争は殆ど起きないので、しばらく平和な状況が続くと思われます。


戻る

内務省傘下の総務局を内閣府に変更

内務省傘下の重要な部局である総務局(General Administrative Department)が内閣府に変更されました。

この変更は、政府と国軍の力争いで政府が一本取った結果のようで、現政権になってからの大きな出来事と言えます。

出所:7 Day Daily,22.12.18


戻る

ラカイン問題の影響

観光客の減少

2018年1月~9月の観光客は前年と比べ、北米からは14%(9000人)以上、EUからは26%(43000人)以上減少しています。

しかし、アジアからの観光客はほぼ同じです。2017年1月~9月のアジアからの観光客は2,522,160人でしたが、2018年は2,522,984人で824人増加しました。
国別には、中国からの観光客は33%(5万人)以上増加していますが、日本と韓国からの観光客数は横ばいでした。

ミャンマーへの観光客の70%はアジアからです。観光客を増やす目的で、2018年10月1日から日本、韓国、マカオ、香港をビザなし対象国とし、中国に対して到着ビザ発行することになりました。

政府は、2018年通年で450万人以上の観光客の受け入れを目標にしており、2020年には700万人以上を目標にしています。

米の輸出について特恵関税(GSP)を3年間停止

EUに対してのコメの輸出には特恵課税(GSP:13%の免税)が適用されていましたが、EU政府は11月5日この措置を3年間停止すると通告してきました。

ミャンマーのEUへの米輸出は年間4万~5万トンで全体の2%しかありません。(中国への陸路の輸出の1日分にしか過ぎません。)

出所:https://voicejournalmm.com/archives/14352;19.11.18


戻る

ヤンゴン・ダラー間の橋の起工式

画像の説明
起工式にスーチー国家顧問が参加している様子(Photo:KyawZin Than)

ヤンゴン・ダラー間の橋の起工式が、12月24日スーチー国家顧問と韓国の大統領府関係者が参加して行われました。

橋の建設コストは1億8800万ドルで、建設期間は4年間です。韓国のGSエネルギー&建設会社が落札しています。

建設資金1億3783万ドルは韓国のEDCFI の融資で、ミャンマー政府が3034万ドル負担します。

出所:http://www.7daydaily.com/story/145599;25.12.18


戻る

ローンで消費財を購入する人が都市部で増加

都市部では電気製品、自動車、住宅などをローンで購入するひとが増加しています。日本のAeon金融サービスは2013年に少額融資事業の許可を取得し、全国に 630店舗をミャンマー資本と共同で開いています。2016年には200店舗だったので3倍に増加しています。ローンの70%は携帯電話の購入に使用されています。

これまで住宅の購入は現金でしかできませんでしたが、現在は会社員の殆どはローンを利用しているとAeonの担当者が語りました。

Aeonのローンは月利子1.4%で返済は2年です。

ローン利用者の一人当たりの年収は1298ドルで、工場とサービス業に勤務している人の収入は年間7%から9%増加しています。

ミャンマーの新車市場で大きなシェアを占めているスズキは、AYA銀行と協力して7年のローンで購入できるようになっています。以前は5年が最長でした。このローンでスズキの新車販売は倍増しています。他の自動車の販売会社は銀行と協力したローンの提供はしていません。

住宅については銀行などの金融機関はは15年から25年のローンを提供していますが、利用者は最初に頭金として30%払う必要があります。これまでは住宅のローンは最長で3年間のものしかありませんでした。

出所:http://www.7daydaily.com/story/145528;24.12.18


戻る

2019年1月に宝石の入札

宝石業者の業界団体は、2019年1月9日から12日までロッテホテルで外国人が参加できる宝石の入札販売を行うと発表しました。

出所:7 Day Daily,14.12.18


戻る

イギリスの国際開発局、ミャンマー金融市場整備に400万ポンド

DanielChugg在ミャンマーイギリスの大使は、英国国際開発局(DFID:Department for International Development)はミャンマーの金融市場整備のため、400万ポンドを投資すると発表しました。この資金はADBを通して提供されます。

出所:7 Day Daily,13.12.18


戻る

インドにアライバルビザを適用

12月13日からインドからの旅行客に対しアライバルビザが適用されることになりました。これはインド大統領のミャンマー訪問中に発表されました。

インド大統領は、ミャンマー滞在中にミャンマーの法律関係者をインドに招へいすること、および技術協力の2つの合意書を調印しました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/india-myanmar-visa-/4700367.html;14.12.18


戻る

インド、ミャンマー政府に訓練用航空機6台を寄付

インド政府は、訓練用航空機6台を寄付することを決定しました。インド空軍の関係者はミャンマーのパイロットを訓練するため、ミャンマーに2年間います。

出所:7 Day Daily,3.12.18

世銀、ミャンマー経済発展の停滞を予想

世銀は2018年12月13日のミャンマー経済検査報告書で下記のように報告しています。

  • 経済成長率は6.2%になっている。農業分野は1.2%増加、通信分野は急増。外国投資の減少、製造業のコスト増加と国内の購買力減少で製造業、建築、運輸関連の伸びが停滞。
    ― 4月~10月でチャットは対ドル比、18%下落している。インフラの伸びは2017年度は5.4%、2018年度8.8%と予測。
    ― 2020年度の経済成長率は6.6%と予測。現在の政策により外国投資と国内資本の投資が増加するという前提で試算されている。
    ― 小売、卸売りのサービスに外資の許可、サービス分野の緩和、外資系銀行にローンの緩和、会社法の改善等が経済発展に繋がると予測。
    ― ヤカイン問題はミャンマー経済に影響がある。
    ― 2017年の政府予算の赤字はGDPの2.7%だったが、2年後には4%と4.5%増加する。

出所:Myanmar Economic Monitor December 2018 by the world Bank, 13 Dec 2018;https://www.bbc.com/burmese/burma-46556624;13.12.18


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-12-13)

外国投資委員会のMeeting /2018によって12月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Myanmar Brilliance Auto Co.,Ltd.自動車組立、販売
100%国内資本
ヤンゴン管区
ライタヤ工業団地
7.12.18
2Ocean Wave Communication Co.,Ltd.通信ネットワークサービス
100%外資
全国7.12.18

出所:ミャンマー投資委員会;13.12.18


戻る

海外の労働者からの送金、月300億チャット

労働・福祉・入管省のU MaungMaung Win副大臣は、今年海外のミャンマー人労働者からミャンマー国内の民間銀行への送金は、今年の1月~6月は月平均数十億チャットだったが、7月は340億チャット、8月は390億チャットと急増していると語りました。

海外からの送金は、以前は違法な送金が大きな部分を占めていましたが、今は合法的な送金が増加しています。この送金はミャンマーのGDPにも反映されています。

中央銀行は、2016年4月から2018年6月までの2年間の送金の総額は14億ドルに達していると発表しています。2016年度の海外からの送金はGDPの1%、2017年度はGDPの1%以上になっています。

2012年4月に、海外労働者の収入に所得税を課することが廃止されました。これ以前は収入の10%を所得税として政府に払うことが義務付けられていました。

労働省の統計では1990年から2016年まで送った労働者は50万人、2017人には16万人、2018年には15万人で、合計83万人になっており、送り先はタイ、マレーシアと韓国が主です。

出所:http://7daydaily.com/story/145077;18.12.18

(訳者註:ちなみに、訳者が日本留学した1990年代後半には留学が認められていなかったため、労働者として出国し、月1万円を品川のミャンマー大使館に支払っていました。当時の海外のミャンマー人は、所得税を回避するため、銀行から正規に送金をせず、闇送金を行ったものでした。)


戻る

ミャンマーへの経済制裁、日本は反対

画像の説明
丸山大使のセミナーの様子(Photo:Narko)

日本の丸山大使は、ISP Myanmarが行ったミャンマー民主化のセミナーで、ヤカイン問題でミャンマーに経済制裁することには賛成できないと語りました。

経済制裁により、ミャンマーの雇用状況が悪化し、生活も厳しくなって、混乱を招くと語りました。

丸山大使は、経済制裁でこの問題が解決できるなら、日本も経済制裁に賛成するが、現状では経済制裁は地元に混乱を招くだけだと語りました。

一方大使は、ミャンマーの経済発展のためには、米国、中国、日本の協力が不可欠であるとも語りました。

出所:http://www.7daydaily.com/story/144977;17.12.18


戻る

ミャンマー象4頭を日本に寄付

11月30日、ミャンマーと日本の友好増進のため、ミャンマー象4頭が日本へ飛行機で送られました。この象は札幌の円山動物園で飼育されます。

円山動物園から、お礼としてミャンマーにシマウマ、豹、ラッコなどが送られました。

出所:7 Day Daily,3.12.18


戻る

Eガバメント整備のため、韓国から9300万ドル借入れ

連邦議会は、ミャンマー政府がEガバメントのデータセンター建設のため、韓国から9380万ドルを借り入れることを承認しました。

通信・データ技術省は、この建設計画は2019年1月から開始し、完成には3年間かかると語っています。

政府のデータ管理本部はネピドーに置かれ、支援部がヤンゴン管区のThanlyin市に置かれます。この計画全体のコストは1億430万ドルの予定です。

出所:https://burmese.voanews.com/a/e-government-korea-/4706409.html?ltflags=mailer;19.12.18


戻る

JICA、来年にはティラワ港湾が使用できると発表

画像の説明
ティラワ経済特区の風景(Photo:KyawZin Than)

JICAは12月14日に、ティラワ港湾設備の一部が来年から使用できるようになると発表しました。この港湾設備は、計画・財務省が2013年に契約したもので、JICAの有償の資金で建設されることになっていました。JICAは、2019年2月にこの設備の一部が完成し、使用できるようになると語っています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/144977;17.12.18


戻る

タイとミャンマーの合弁で、ソフトドリンク工場建設

タイのOsotspa社とミャンマーのLoi Hein社は、ティラワー工業団地でソフトドリンク工場建設のため7300万ドル投資すると発表しています。

両社は12月10日に、工業団地の132,800.-平方メートルの土地に工場の建設を開始しました。この工場の出資割合は、Osotspa Myanmar85%とLowe Hein社15%です。

出所:7 Day Daily,14.12.18


戻る

ヤンゴン高速道路計画に入札できる会社を発表

建設省は12月5日に、ヤンゴン高速道路のフェーズIの入札に参加できる企業10社を発表しました。

11月中旬に12社が参加希望の書類を提出しましたが、20日後に10社が決まりました。

この10社は中国のCCCC社、CGGCとGGGの合弁、Power Construction、中国・タイ合弁(Itarian-ThaiとShandongのITD-CSI JV合弁)、中国・ミャンマー合弁(中国のCSCECとミャンマーのDenso合弁のDenso-CSCES)、韓国企業6社の合弁、日本企業1社、日本・ミャンマー・タイ合弁1社、フランス企業1社になっています。

詳細は以下の通りです。
画像の説明

建設方式は、PPP(Public Private Partnership)システムになっています。各社は提案書と計画を12月末までに提出し、2019年6月に落札企業が発表されます。

出所:http://7daydaily.com/story/143973;6.12.18;Ministry of Construction


戻る

MPT-KDDIは税金を納めているか

ミャンマー大手通信会社であるMPT-KDDIは政府に商業税を払っていないのではないか連邦議会で複数の議員が語っています。TelenorとOoredooは商業税が払っているが、MPTが払っていないことが議論になっています。

Telenorは500億チャット以上、Ooredoo社は500億チャット以下の商業税を払っています、MPT-KDDIは払っていません。MPT-KDDIは上記2社よりはるかに多いユーザーを持っています。

Telenor社は800億チャット以上の法人所得税を払っていますが、MPT-KDDIの法人所得税は300億チャット以下です。

出所:https://www.rfa.org/burmese/news/mpt-kidd-tax-12062018073054.html;6.12.18


戻る

スウェーデン、ミャンマーの保健衛生改善に4300万ドル支援

スウェーデンは、ミャンマーの保健衛生の改善のためUNOPSを通して4300万ドルを支援しました。

資金は、女性、子供、貧困な人の健康改善の他、結核、HIV/AIDS、マラリアなどの予防に使われます。

出所:https://burmese.voanews.com/a/sweden-to-help-myanmar-health-/4683170.html?ltflags=mailerး2.12.18


戻る

ヤンゴン環状線、2020年に電化

鉄道省は、現在はディーゼル車が運行しているヤンゴン環状線を2020年までに電化すると発表しました。 

現在では環状線の改良工事を進めています。日本に発注したのは機関車12両と貨物車66両で、機関車は電気とディーゼルどちらにも対応できるようになっています。日本の車両が納入されれば、一周に要する時間を1時間短縮出来るということです。乗客も3倍に増加する予定です。

日本からの車両購入には日本のODA資金を使用します。

ヤンゴン環状線は27.5マイルの長さで、駅は38個あり、現在一周に2時間50分かかっています。

https://mail.google.com/mail/u/0/#inbox/FMfcgxvzLrLnTgtjbnLQnbTxRXVhXDGX;1.12.18


戻る

500KVA送電線網建設の入札

電力エネルギー省は12月6日、国内で初の500KVA送電線ネットワークの建設は、日本の資金を使用するため、日本企業または日本企業との合弁会社のみが入札できると発表しました。

送電線の建設はヤンゴンのライタヤとバゴーの間で行われ、距離は60マイルです。

日本との合弁企業の場合、日本側の持ち分が50%以上にならなければなりません。電力.エネルギー省の担当者は、この要件はODA融資の条件であると語っています。

出所:7 Day Daily,7.12.18


戻る

新ヤンゴン輸送インフラ整備計画の策定、日本企業に

ヤンゴン管区政府は10月8日、新ヤンゴン輸送インフラ整備計画案の策定を日本のオリエンタルコンサルタンツに依頼する発表しました。
同社はシンガポールのAECOM社と協力して、新都市計画、デザインなどをも実施する予定です。

社会・経済面の計画については米国のマッキンゼーを選択し、金融面では英国を選択しました。

新ヤンゴン都市計画の開発対象となる地域は20万エーカーの予定です。最初のインフラ整備について、ヤンゴン管区政府は15億ドルの支出を行うということです。

開発対象地域には沼沢地があるため、オランダのRoyal Haskoning DHVと協力しています。 

ヤンゴン管区の議会の一部の議員は、ヤンゴン管区政府が議会の承認なしに650万ドル(100億チャット)を支出を行ったことを批判しています。

出所:https://www.imyanmarhouse.com/news/;17.10.18


戻る

日本へ研修生派遣に覚書に調印

ミャンマーから日本への研修生派遣を増やすため、労働省は日本のNPO-AEPグループと覚書に調印したと10月27日のミャンマー放送が報じました。

労働省は日本の外国人技能実習機構(OTIT)とも覚書を調印しました。

労働省は、日本のIT関連企業では200人以上のミャンマー人が働いており、月に100人から500人のミャンマー人労働者を日本へ派遣していると発表しています。

出所:7Day Daily,28.10.18


戻る

ミャンマー電力の機材供与、三菱電機が落札

日本のODAで進められているミャンマー電力整備計画に使用される機材供与には三菱電機が受注しました。機材はタイで生産され、2019年から納入が開始します。

出所:7Day Daily,28.10.18


戻る

ミャンマー補選、NLDは7議席しか獲得できず

11月3日に行われた補欠選挙の投票で、NLDは13議席中7議席(53%)しか取れませんでした。2015年に行われた総選挙で圧勝した4つの選挙区でも今回は敗北しています。

投票率は50%を越えたところが3-4カ所ありましたが、その他は30%~40%しかなく、国民が選挙に対する興味を失っていることが分かります。

NLD政権になっても生活は前より苦しくなっている一方で、軍政にも戻りたくないため、投票しない人が増えているようです。

出所:7 Day Daily,4.11.18


戻る

DICA予測、20年以内に外資2000億ドル以上

DICAの新投資計画によると、2016年度から20年間で外国からの投資が2210億ドルに上ると予測されています。

政府は外資導入について、2016年度~2020年の短期、2021年度~2026年度の中期、2026年度~2035年度の長期に分けています。

短期5年間では毎年58億ドル、中期5年間には毎年85億ドル、長期最初の5年は毎年123億ドル、最後の5年間は毎年176億ドルの外資の導入することを目標にしています。導入の相手先は日本、香港、中国、インドなどと予想されています。

2020年には世銀のDoing Business Indexで100位、2035年に同40位になることを目標としています。2018年の世銀のDoing Business Indexではミャンマーは171位、ラオスは141、カンボジアは135位とプリピンは113位であり、アセアンで最低のランクとなっています。

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2018/10/27/173328.html;27.10.18


戻る

ムセ・マンダレー鉄道建設現地調査に調印

運輸・通信省は10月22日、中国のCREEC(China Railway Eryuan Engineering Group Co.,Ltd.)との間で、ミャンマー・中国の国境にあるムセとマンダレーの間の鉄道建設のための現地調査に関する覚書に調印しました。

調印式には中国大使とミャンマーの運輸・通信大臣が出席しました。現地調査の費用は中国側が負担することになっています。

この鉄道の調査については、2011年に一度調印されましたが、ミャンマー国民の反対で3年間凍結され、現政権時になってから再度交渉が再開されました。

Mr.Hong Liang在ミャンマー中国大使は、この鉄道は北ミャンマーの和平と経済発展につながると語っています。この鉄道の総延長は431キロで、ミャンマーと中国の経済回廊の発展のとって重要です。

この鉄道は雲南省のRuli East Railway駅と繋がります。

現在、ムセへ各地から大型トラックは毎日2000台から3000台が運行しています。

出所:https://www.bbc.comhttps://www.bbc.com/burmese/burma-45962026;24.10.18
https://www.facebook.com/rfaburmese/


戻る

スーチー氏、一帯一路計画実施委員会の委員長に就任

在ミャンマー中国大使館は、一帯一路計画実施委員会の委員長にスーチー国家顧問が就任した発表しました。中国・ミャンマー両政府は9月に両国の経済プラットフォーム建設のための合意書を調印しました。このニュースは、中国国家発展改善委員会の宁吉喆副主任委員長とスーチー顧問が11月26日にネピドーで会談を行った後に発表されました。

ミャンマー政府はこれまでに中国との間で、チャオピュー港湾計画、ムセー・マンダレー鉄道計画調査などに合意してきました。中国大使館は、さらに、新ヤンゴン都市計画、中国・ミャンマー国境貿易区域の建設計画などを発表し、金融機関、企業、国際社会に協力を呼びかけています。

出所:http://burmese.dvb.no/archives/302018;29.11.18



戻る

DaNaFacilityとWWFミャンマー、ゴム栽培に200万ドル投資

英国の国際開発局(DFID= The Department for International Development)が資金を支援しているDaNa Facilityと世界自然保護基金(WWF)ミャンマーは、ゴム栽培のため240万ドル以上の投資を行うと発表しました。

DFIDの担当者は、ミャンマーは世界で7番目のゴム生産国であり、この計画により貧困な農民の生活の改善が期待されると語りました。

出所:http://www.7daydaily.com/story/143398;29.11.18

The DaNa Facility (DaNa is Burmese for “prosperity”), a program funded by the U.K. Department for International Development, works to reduce poverty and increase incomes by fostering a strong business environment conducive to the creation of jobs and economic opportunities for SMEs and poor people.



戻る

サガイン管区Indawの旧日本軍の地下病院を改修

第二次世界大戦中に日本軍が使用したサガイン管区Indawにある地下病院を改修してIndawから8キロメートル離れた所にある旧日本軍の飛行場と合わせて、観光資源として活用する準備が進められています。

この病院は、日本軍は1942年から1944年まで使用しました。この辺一帯はインパール作戦で日本軍が駐屯しました。

この管区のMawlu市には、イギリスのWingate Brigadier将軍が建設したWhite Cityもあります。
出所:https://burmese.voanews.com/a/indaw-japan-hospital-/4677882.html?ltflags=mailer;28.11.18



戻る

ドイツ、ミャンマーの経済発展と農村開発に3900万ドル支援

在ミャンマードイツ大使館のWenzel大使は11月16日、ネピドーで開かれたドイツ・ミャンマー二国間開発会議の後、ドイツ政府はミャンマーの経済発展と農村発展のため、3900万ドルの支援を行うと発表しました。

出所:7 Day Daily,22.11.18



戻る

中国語ができる人は給料2倍

中国企業の進出が増加しているミャンマー労働市場では、中国語ができる人材が不足しています。中国語ができる人材の求人が増加しているため、給料は2倍になっています。

これまでは中国語ができる人でも月35万チャット(約3万5千円)程度でしたが、今は65万チャット(約6万5千円)まで上昇しています。

人材会社では、中国企業から中国語ができる人材の求人が増えており、中国語ができればすぐ雇うという企業が増えています。

逆に英語ができる人の給料は、これまでの月40万チャットから35万チャットくらいまで下がっています。それでも、なかなか仕事はない状況です。

出所:7 Day Daily,24.11.18



戻る

投資・海外経済連携省を新設

大統領府は11月19日、25番目の省として、Ministry of Investment and Foreign Economic Relationsを開設し、大臣としてU ThaungTun氏を任命すると発表しました。減少している外資を増加する目的で新しい省を開設したということです。

出所:http://7daydaily.com/story/142540;20.11.18



戻る

ミャンマーと日本が合弁で、ヤンゴン・マンダレー鉄道の改修

日本の鉄道建設公団・りんかい日産建設とミャンマーのMAX社は10月15日、ヤンゴン・マンダレー鉄道の一部を合弁で改修する計画の合意書に調印しました。この鉄道は620キロメートルあり、2023年には全体の改修が完了する予定です。

出所:7 Day Daily,20.11.18



戻る

外資系銀行の民間に対するドル、チャット融資可能に

U SoeThein中央銀行副総裁は記者会見で、国内で営業している外資系銀行の民間に対するドルとチャット両方の融資を許可したと発表しました。

チャット融資の金利は中央銀行が決定した8%から13%の間であり、ドル融資の金利は自由です。しかし、チャットの預金は禁止されています。また、ローンの担保としては土地と建物を受けることができませんが、その他の担保は受けることができます。

外資系銀行は、チャット融資をする場合、民間銀行からチャットを借りて融資することになります。

現在、国内で営業する外資系銀行は、中国、日本、シンガポール、インド、マレーシア、タイなど13の銀行があります。

出所:https://burma.irrawaddy.com/news/2018/11/15/174870.html;15.11.18



戻る

外資保護について10カ国と調印

ミャンマーは外資増加のため、外資を保護する契約をタイ、中国、ベトナム、ラオス、フィリピン、インド、日本、クウェート、イスラエル、韓国などと調印しました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/myanmar-and-10-countries-signed-for-investment-protestion-/4653491.html;11.11.18



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-11ー18 )

外国投資委員会のMeeting /2018によって11月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Ngwe Ye Pale Suger Co.,Ltd.砂糖製造
100%国内資本
シャン州
Naungcho市
16.11.18
2Green Palm Oil Plantation Co.,Ltd.パーム農園、パーム油製造 
合弁
タニンダーリ管区
Myeik市
16.11.18

出所:ミャンマー投資委員会;20.11.18



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-11ー2)

外国投資委員会のMeeting /2018によって11月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Myanmar BAF Joint Venture Co.,Ltd.Pig Breeder Farm and Sale of Weaner and Fattener
合弁
ヤンゴン管区
Hmawbi市
2.11.18
2Tiger Infrastructure Myanmar(TIM) Co.,Ltd.通信タワ建設、リース、管理、提供サービス、電力システム
合弁
カレン
ラカイン
ザガイン
タニンダーリ
マグウエ
2.11.18
3Sourthern Myanmar Development Co.,Ltd.燃料用港、倉庫、燃料輸入、販売
合弁
モン州
Ye 市
2.11.18
4Myanmar Noble Co.,Ltd.民間大学
100%国内資
ヤンゴン管区
Thingangyun区
2.11.18
5Royal British International Co.,Ltd.教育サービス
100%外資
ヤンゴン管区
Yankin区
2.11.18
6Victoria Uni Co.,Ltd.Victoria University College
100%国内資
ヤンゴン管区とマンダレー管区2.11.18

出所:ミャンマー投資委員会;6.11.18


戻る

韓国ロッテ、ミャンマーのL&M Mayson社を買収

韓国ロッテは10月24日、ミャンマーのL&M Mayson社の株80%を6900万ドルで取得したと発表しました。

L&M Mayson社は3つの工場と12の販売店を持っています。

出所:7 Day Daily,26.10.18


戻る

ミャンマー政府、日本とのビザを12月から緩和

ミャンマー政府と日本政府は、90日までの滞在につきビザを緩和する合意書に調印しました。この緩和措置は今年の12月1日から実施されます。

出所:https://www.facebook.com/TheMandalayNewsJournal/17.10.18


戻る

スーチー顧問の兄、スーチー氏の居宅の競売を要求

スーチー氏の兄はスーチー顧問が現在住んでいるヤンゴン市University Avenue Road54番地の居宅を(2エーカーの広さ)を競売に掛け、落札金額を等分するように連邦議会へ要求書を提出しました。

この件については、すでに裁判所が居宅を等分するように決定を出していますが、米国籍のスーチー氏の兄が競売の落札代金を分配することを要求しているものです。

ミャンマーの法律では外国人は家と土地などを持つことができないため、米国籍のスーチー氏の兄は土地の保有ができません。

この家は元もとスーチー氏の母親が住んでいたもので、スーチー氏が1988年に介護のため帰国し同居していました。その後スーチー氏は民主化運動に参加して、この家で長期間自宅軟禁されていました。

2001年に兄弟の間で財産の分与について争いが発生しました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/aung-san-suu-kyi-s-brother-appeals-inheritance-ruling-to-supreme-court/4618428.html?ltflags=mailer;18.10.18


戻る

マンダレー管区の火力発電所、稼動

シンガポールのSembcorp社は、マンダレー管区内の3億ドルをかけて建設した火力発電所が10月11日に稼動を開始した発表しました。

この発電所はMyangChan市にあり、中国・ミャンマーパイプライン事業のミャンマーの持ち分で稼動しています。電力会社によると、発電能力は225メガワットで、人口530万に電気を供給できるということです。

この発電所は2017年1月にSembcorp社と電力省が合意書を調印して、BOT式で建設されました。Sembcorp社がBOT式で22年間経営し、その後はミャンマー政府に 引き渡されることにようになっています。

建設資金は、ADB、AIIB(Asian Infrastructure Investment Bank)、Clifford Capital、 DBS 銀行、DZ 銀行、IFCとOCBC銀行が融資しています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/139450;16.10.18


戻る

中国のAribaba、ミャンマー市場に参入

中国のe-Commerce大手、Aribabaは世界中で安価な物品を販売していますが、11月11日にミャンマー市場に参入しました。

Aribabaはミャンマー市場導入のため、今年5月にドイツのRocket Internet GroupのDaraz社がミャンマーで持っているShop.com.mmを購入しました。

Shop.com.mmはミャンマーで5年間運営されています。

出所:http://7daydaily.com/story/139432;16.10.18


戻る

タイからダウェーまでの道路を改修

タイとミャンマーの両政府は11月1日、タイからタニンダーリ管区ダウェー深海港に繋がる道路をレベルアップするための合意書に調印しました。

連邦議会は3月26日に、この事業のためNEDA (Neighbouring Countries Economic Development Cooperation Agency) が45億バーツ融資することを承認しました。

出所:http://www.7daydaily.com/story/141028;2.11.18


戻る

チャオピュー経済特区建設に中国-ミャンマー合意

中国の環球時報は、ミャンマー政府と中国のCITIC公社がラカイン州チャオピュー港湾計画実施について合意書に調印すると報じました。

この合意ではCITICの持ち分が85%から70%に減少されます。また、当初の投資資金を13億ドルとすることも合意されました。

Myanmar Times も、CITICとチャオピュー経済特区委員会が11月8日に合意書を調印すると報じています。

CITICは、前政権の時代の2015年12月に70億ドルを投資するということでこの工業団地計画を落札しました。その時の持ち分は、CITIC85%とミャンマー側15%でした。

しかし、NLD政権になってから再度の交渉がなされ、CITICの持分を70%に減少するkとおで合意されました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/myanmar-china-agreement-/4639585.html?ltflags=mailerး2.11.18


戻る

KNU武装グループ、和平交渉から離脱

ミャンマー和平のためのNCA(全国停戦合意書)に調印しているグループの中で最大のグループであるKNU(カレン)武装グループは10月27日、スーチー顧問に書面でこの合意書から離脱すると伝えました。

この書面によると、KNUは内部でNCAについて討論する必要があるため、NCAの今後の会合には参加しないということです。

出所:https://burma.irrawaddy.com/article/2018/10/31/173540.html;31.10.18

(訳者註:KNUのNCA離脱はミャンマー和平交渉に大きな影響があります。NCAに調印したのは10グループでしたが、KNUの人数は他の9グループより多くなっています。KNUは、NLD政権になってから民族武装グループと政府の間で満足した会議が行われていないと語っています。)


戻る

JICA支援でマンダレー河川港湾を整備

JICAが60億3300万円の資金援助をするマンダレー河川港湾の整備が10月に開始しました。この支援は2015年4月に計画が出され、2018年10月に支援の合意書が調印されました。

出所:https://www.imyanmarhouse.com/news;12.10.18


戻る

ヤンゴン管区政府、メディア編集者を逮捕

ヤンゴン管区政府は10月10日、Eleven Mediaの編集長他3人を逮捕しました。逮捕の原因は10月8日発行のWeekly Elevenで、ヤンゴン管区議会で Yangon Metropolitan Development Public Co.,Ltdの株式約64万株(540億チャット相当)の取得者について議論されたことを報じたことが刑法505(b)政府の名誉を棄損した罪に当たるとして、被疑者を直ちに収監しました。

この逮捕についてNLDの議員、NLDの幹部、情報省副大臣等が反対を表明した他、国内外からの非難が相次いでいますが、ヤンコン管区政府とヤンゴン議会の摩擦にメディアが巻き込まれて犠牲者になったと言えます。

NLD政権の発足時にも、ヤンゴン管区政府のPyoe Min Thei総理が自身の収賄を報じようとした新聞社の編集長を逮捕したことがあります。現政権になってから起訴された記者は44人に上ります。

ミャンマーではEleven MediaをOnlineで読む人は2000万人以上で、2015年の総選挙でNLDが圧勝したのもEleven Mediaの役割が大きいと言われています。一方で、NLDの機関紙DELINEの読者は数千人しかいません。

ヤンゴン管区政府がメディアに厳しく圧力を掛けて敵に回したことにより、2020年の選挙ではNLDの立場は苦しくなると予測されています。

出所:https://burmese.voanews.com/a/sithu-aung-myint-yangon-regional-government-press-charges-eleven-media-group/4611507.html?ltflags=mailer;13.10.18


戻る

デンマークの基金、マンダレーに15億チャットの支援

デンマークのRBF基金(Responsible Business Fund)は、マンダレーにある工場の電力と水の使用削減、食品の安全、人材育成、下上水の整備などの項目の改善のために15億チャットの支援を行います。

出所:7 Day Daily,22.10.18


戻る

MAPCO傘下の肥料工場、操業開始

AgriFirst肥料工場は、MAPCO40%、ドイツの Behn Meyer30%、日本の 三井化学30%の資本(金額1000万ドル)で設立された企業ですが、10月10日にティラワ工業団地で操業を開始しました。
年間の生産量は10万トンです。

出所:7 Day Daily,22.10.18


戻る

新日鉄興和不動産、工業省の保有地に住宅建設

新日鉄興和不動産(Nippon Steel Kowa Real Estaate:NSKRE)は10月6日に、Tamwe区にある工業省保有の1.5エーカーの土地に12階の住宅を建設するため土地
の賃貸契約書に調印しました。

賃貸期間は50年でBOT方式です。

新日鉄興和不動産はミャンマーでホテルオークラ、グランドフロント大阪、大崎ブリッジタワーなどを建設しました。

出所:7 Day Daily,8.10.18


戻る

日本とタイの企業に小売と卸売許可

商業省は、日本のMyCare Uni-charm社とタイのPacific Andaman (SEA)社に小売業と卸売業を許可しました。

MyCare Uni-charm社は100%外資で、子供用商品と化粧品の卸売を行います。
Pacific Andaman (SEA)は、合弁で女性と子供用商品、日用商品、食品、ソフトドリンクの卸売を行います。

外国資本80%以上入っている小売業の場合、最低資本金は300万ドル(土地賃借料は別)、卸売業なら最低資本金は500万ドル以上です。スーパーマーケットの場合、店舗面積は900平米以上と決められています。

コンビニは許可されません。

出所:https://www.imyanmarhouse.com/news/read/776548?utm_source=newsletter-latest-news&utm_medium=email&utm_campaign=imyanmarhouse-newsletter-latest-news;19.10.18


戻る

ミャンマーの貧困率、改善

国連開発計画(UNDP)と世銀の統計によると、ミャンマーの貧困率は2005年から2015年にかけて48%から32%に減少したということです。
貧困に分類される人の65%は中央ミャンマーとデルタ地区に住んでいます。
チン州ラカイン州は一番貧しいということです。

ミャンマーでは人口の70%は農村に住んでいます。

出所;https://burmese.voanews.com/a/myanmar-decline-of-poverty-rate-/4617202.html?ltflags=mailer;17.10.18


戻る

中国とミャンマー、一帯一路の合意書調印

中国政府とミャンマー政府は9月9日中国の北京で、一帯一路の合意書に調印しました。ミャンマー側はU Soe Win計画・財務大臣が出席しました。

この合意によりミャンマー国内での中国の投資が増加するとミャンマーの経済界は期待しています。ラカイン問題で欧米の投資が停滞しているミャンマーにとって、中国の投資は不可欠な状況です。

この合意書では中国からシャン州のムセを通ってマンダレー、ネピドー、チャオピュー(ラカイン州)に至る道路と、ネピドーとヤンゴンを結ぶ道路を建設することになっています。この道路の周辺に工業団地、商業施設なども建設する予定です。

現在中国とミャンマーの国境貿易は一日1600万ドルに上り、中国の投資額は200億ドル以上(投資数256件)です。

出所:7 Day Daily,16.9.18


戻る

BMW、ミャンマーで自動車の組立

BMWはミャンマーのBrilliiance Auto International Trade Co.,Ltd.と合弁で、ミャンマー国内でSUV車の組立を(SKDシステム)行います。この車は2300万チャット(税金、車検など含む)で12月からに販売される予定です。

現在、スズキ、日産、KIA、FordなどがミャンマーでSKDシステムで自動車の組立てを行っています。

出所:7 Day Daily,16.9.18


戻る

中国の九元航空、広州・マンダレー運航開始

中国の九元航空は10月2日からマンダレー・広州を週に3便運航を開始しました。
これまでは東海航空が、昆明・マンダレー間を運航していましたが、九元航空を加えて2社が運航することになりました。

マンダレー空港には国際線6社と国内線6社が運航しています。
出所:7 Day Daily,16.9.18


戻る

工業省、電動バスを生産

工業大臣は連邦議会で、工業省はハンガリーの技術で電動バスを生産すると発表しました。
民間のGreen Power社と合意済だとのことです。

国民の間では電気自体が不足しているのに、バスを動かす電気をどこから調達するのか疑問で、ただの予算取り計画しかないのではと批判が出ています。

出所:7 Day Daily,8.9.18


戻る

現政権についての世論調査

PACEは現政権についての調査報告書を9月28日に発表しました。2000人以上の人を対象に調査が行われ、現政権のこの2年半の成果について聞いています。
― 人権については以前政権より良い。
― 少数民族地域での紛争減少については良かったと答えた人は27%しかいません。
― 社会、家族収入、雇用、生活などについては良いと答えた人は30%~50%でした。都市部では良いと答えた人が多いが、田舎では悪いと答えた人が多い。
― 経済については、前政権より良いと答えた人は43%、悪いと答えた人は20%、変わらないと答えた人は26%でした。
― 土地接収については、前政権より良いと答えた人は46%、変わらないと答えた人は19%、悪いと答えた人は10%です。

出所:7 Day Daily,30.9.18


戻る

日本政府、南ヤンゴンの水供給に3600万ドル支援

南ヤンゴンの5 区(Dallah,SeikkyiKhanaungt,Twante,Kawhmu,Kyungyangone)への水供給改善のため、日本政府は41.76億円(約3600万ドル)の支援をします。

丸山一郎在ミャンマー日本大使とU Set Aung計画・財務副大臣が10月3日に契約に調印しました。

出所:7 Day Daily,5.10.18


戻る

繊維産業、輸出が最も伸びている

繊維産業は、輸出が最も進んでいる分野であり、2018年4月~9月の半年間で輸出額は22億ドルに上りました。これは前年同期の12億ドルから10億ドル増加しています。

出所:7 Day Daily,9.10.18


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-10-22)

外国投資委員会のMeeting /2018によって10月22日に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Eternal Technical Supporting Co.,Ltd.教育サービス
100%国内資本
マンダレー管区
Chanmyatahsi区
12.10.18
2Eternal Technical Supporting Co.,Ltd.教育サービス
100%国内資本
ヤンゴン管区
ダゴン区
12.10.18
3Myanmar Imperial Investment Capital Co.,Ltd.へリコプター運送業
100%国内資本
マンダレー管区
マンダレー
12.10.18

出所:ミャンマー投資委員会;22.10.18


戻る

VK、国軍指令官のソーシャルアカウントを停止

ロシアのSNS、VK は、ユーザーの反対によりミャンマーのミンアウンライン国軍指令官のアカウントを停止したと発表しました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/vk-explain-why-they-need-to-block-min-aung-hlaing-account-/4576057.html?ltflags=mailer;18.9.18


戻る

米国のKripsy Kremeドーナツ開店

米国のKripsy Kremeドーナツは2018年9月16日にヤンゴンのTime Linkモールにミャンマー第一号店を開きました。

出所:https://burma.irrawaddy.com/lifestyle/food/2018/09/17/170008.html;17.9.18


戻る

米国のThe Coffee Bean &Tea Leaf、4号店オープン

画像の説明
開店の様子

9月15日にThe Coffee Bean &Tea Leafの4号店がミャンマープラザでオープンしました。このチェーン店はシンガポールのSingapore Myanmar Invest Co.,Ltd(SMI)Groupが運営しています。3号店はヤンゴン国際空港にあります。

5号店は12月にJunction Squareにオープンする予定で、2019年にはさらに3店を開く予定だということです。

出所:www.phothutaw.com;17.9.18


戻る

建設省、工業団地の土地を長期レンタル

建設省は、ヤンゴンにある工業団地の土地を長期のレンタルにしています。賃料は、外資系企業に対しては年間6ドル/平米、国内企業に対しては、1エーカー当たり3504万チャット/年です。

出所: https://www.imyanmarhouse.com/news:14.9.18


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-10-9 )

外国投資委員会のMeeting /2018によって10月9日に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Dawei Shrimp Farming Co.,Ltd.海老の加工
合弁
タニンダーリ管区
ダウエー区
28.9.18
2Best Eternity Recycle Pulp and Paper Co.,Ltd.紙・パルプ製造
合弁
パゴー管区
Yedashe市
YeNi製紙工場
28.9.18
3Yatanarpon Aviation Support Co.,Ltd.へリ輸送業
100%国内資本
マンダレー管区
マンダレー
28.9.18
4NSKRE Residence (Myanmar)Co.,Ltd.商業住宅複合施設の建設
合弁
ヤンゴン管区
Tamwe区
28.9.18

出所:ミャンマー投資委員会;9.10.18


戻る

マグウェーでタナカー祭り

画像の説明
タナカーを化粧品として使用している様子

中央ミャンマーのマグウエーでタナカー祭りが行われました。伝統文化を守ること、外国で香り商品として販売を拡大する目的です。

出所:http://www.mizzimaburmese.com/article/42995;10.9.18


戻る

繊維産業に経済制裁の懸念

ミャンマー繊維工業会のU Myint Soe会長は、ミャンマーで50万人の雇用を生み出している繊維産業にラカイン問題で制裁がかけられることを心配していると語りました。

2003年に米国とEUの経済制裁受けた後、ミャンマーの繊維製品の輸出は2億ドル~3億ドルに落ちこみました。経済制裁が解徐された2013年から繊維製品の輸出が増加し、2015年には14億ドル、2017年には32億ドルに達し、2018年にはさらに20%増加するとミャンマー繊維工業会が予測しています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/136243;10.9.18


戻る

Facebookに代わるソーシャルメディア

国軍指令官を含む軍の役員のFacebook アカウントを閉鎖するため、軍はソーシャルメディアとしてロシアのVK(VKontakte)を使用することになりました。そのため、ミャンマーではこれまで誰も知らなかったVKの使用者が増えています。
さらに、ミャンマーのソーシャルメディアMM Socialの使用者も増えています。

ミャンマーではFacebookの使用者は1800万人以上で、Facebook使用者が多いため、政府の発表等でもFacebookが使われています。

出所:https://voicejournalmm.com/archives/12787;8.9.18


戻る


  

MM Social 運用開始

ミャンマーの企業MM Social Zone社が作ったMM Socialが9月8日から使用でき
るようになりました。

www.mmsocial.netでAccountを開いて使用できると同社が発表しています。
出所:7 Day Daily,9.9.18


戻る

Micorsoft Office 365を国内で販売

Micorsoftは2017年上旬からミャンマーで事務所を開いてOffice 365を販売しています。

使用者は2つの省、MPT、Roma銀行、Myanmar Awaba、Grand Royal Group、AYA銀行などです。コストは使用人数により、一人当たりの1ヶ月の使用料は5ドルです。使用者はメールをクラウド上に保存でき、使用できる容量は2GBから1TBまであります。

出所:7 Day Daily,2.9.18


戻る

少数民族地域でアウンサン将軍の銅像に反対

画像の説明
チン州ミッチーナのペンキを塗られたアウンサン将軍の銅像

少数民族でスーチー国家顧問の父、独立の英雄アウンサン将軍の銅像の設置に反対が起きています。カヤー州でも州政府は、地域住民の反対を受けてアウンサン将軍の銅像の設置を中止しました。

チン州のミッツーナでも上記の画像のようにペンキが塗られたりしています。
少数民族は、中央政府が自分たちの地域の英雄の銅像の設置を許可しないのに、他所の英雄の銅像を設置することは納得できないと語っています。

アウンサン将軍の銅像を各市、各区に置くことになり、一つの銅像の設置には1億チャットぐらいかかり、設置費用は地区の住民が負担することになっています。
現政権になって目に見える変化と言えば、アウンサン将軍の銅像が建てられたことだけだと国民が皮肉っています。
出所:http://burmese.dvb.no/archives/289759;11.9.18

(訳者感想:スーチー政権は発足後3年になりますが、国民生活が以前より苦しくなり、和平も進展していないため、国内でも人気が落ちています。その不満がスーチー氏の父アウンサン将軍の銅像に向かっているようです。)


戻る

スターバックス、ミャンマーでの出店を中止

米国スターバックスは、ミャンマーでCoffee Concept Myanmar(CCM)社を設立し600万ドルを投資して、Coffee Shop 20店を開く計画で、MICから許可がおりました。

しかし、スターバックスは、ラカイン問題の影響でミャンマーでの出店を中止すると発表しました。

出所;www.7daydaily.com/story/136544;13.9.18


戻る

Shweli-3水力発電所をフランス、日本、ミャンマー合弁で建設

政府は9月5日、670メガワットの発電能力を持つShewli-3水力発電所建設を許可したと発表しました。この計画は、フランスのElectricite De France S.A(EDF)、日本の丸紅、ミャンマーのEyarhinnta社が合弁で建設することになっています。

出所:7 Day Daily,8.9.18


戻る

企業活動の書類の簡素化

投資会社管理局は、これまで企業が輸出人や入札等を行う場合には、登記簿、Form 6、Form 26、Form E、輸出入許可書などの提出が必要とされたが、今後は登記簿だけで十分と発表しました。

出所:7 Day Daily,13.9.18


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト

外国投資委員会のMeeting /2018によって9月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Pyi Phyo Tun International Co.,Ltd.バス組立
合弁
ヤンゴン管区
ミンガラドン
7.9.18
2Power Gen Kyaukse Co.,Ltd.商業住宅複合施設建設
合弁
ヤンゴン管区
タケタ区
7.9.18
3Good Water (Kawthoung) Co.,Ltd.教育サービス
100%民間資本
ヤンゴン管区
マンダレー管区
7.9.18
4Stream Net Co.,Ltd.通信サービス
100%国内資本
ヤンゴン管区
Mayangon区
18.9.18

出所:ミャンマー投資委員会30.8.18



戻る

軍関係者とメディアのFacebookアカウントを停止

国軍は、国連が記者会見でラカイン州の人権侵害についてミンアウンライン国軍司令官を含む軍関係者に責任があると発表した数時間後に彼らのFacebookアカウントを停止しました。さらに、軍事関連のメディア、雑誌などの合計80のアカウント停止しました。

大統領府のU Zaw Htay報道官は、このことで政府と軍の関係が悪化することが懸念されると語りました。

出所:https://burmese.voanews.com/a/facebook-ban-on-army-chief-silences-myanmars-military-mouthpiece/4546976.html?ltflags=mailerး28.8.18


戻る

スーチー国家顧問、Singapore Lectureに政策を語り

スーチー氏は8月21日にシンガポールのISEAS_Yusuflshak 財団で行われた「ミャンマーの民主化移行:前進への挑戦」のセミナーでミャンマーの政策について次のようなテーマについて語りました。この政策は国内では発表されていません。

1. 平和、統一、安全保障、善政
2. 経済の安定、マクロ経済の強化
3. 雇用創出、民間セクターの成長
4. 人材育成と社会発展
5. 天然資源と環境

出所:7 Day Daily,27.8.18


戻る

 

JICA支援のタケタ橋開通

画像の説明

JICAの41億2300万円(約4000万ドル)に上る支援で建設したタケタ橋が8月25日に開通しました。橋は全長253メートル、4車線で通過重量は45トン~60トンです。

この橋は2015年に建設を開始し、今年8月に完成しました。橋の形式はエクストラドーズド斜張橋です。

出所:7 Day Daily,26.8.18


戻る

ヤンゴン交通渋滞改善について米国企業、鹿島と個別に相談

ヤンゴン管区総理は、ヤンゴン市の交通渋滞解消のため、米国GRIDSMART Technologies社と日本の鹿島と個別に会談しました。

出所:7 Day Daily,24.8.18


戻る

日本の老人ホームで働くミャンマー人を日本企業が訓練

ミャンマー政府と日本のポルスター介護サービス社は、日本の老人ホームで働くミャンマー人看護婦を養成するため、ヤンゴンの看護婦学校で6ヶ月間訓練することについて合意しました。

出所:PYI MYANMAR、23.8.2018


戻る

ロッテホテル、Moyasaki Win氏をミャンマー観光推進大使に

ロッテホテルは8月18日、ミャンマー生まれの日本人であるMoyasaki Win氏をミャンマー観光推進大使として雇うと発表しました。

出所:PYI MYANMAR、23.8.2018


戻る

24年間操業したAir Mandalay、廃業

画像の説明

9ヶ月間運行を停止していたAir Mandalayは9月4日から操業を停止すると発表しました。

2011年に国内線が自由化され、多数の新しい航空会社に認可が出された結果、供給が需要を大幅に上回ることとなり、全て航空会社が赤字になっています。

Air Mandalayはチャーター機のサービスを開始し、2014-2015年にEmbraer ERJ 145 2機の輸入を申請しましたが、輸入許可が下りなかったため、チャーター機のサービスを1年で中止しました。

また2017-2018年には、航空機の輸入と乗客サービスの延長申請に9ヶ月間もかかるため、運行を停止したと発表しています。

出所:https://www.facebook.com/LivingColorMediaCoLtd/photos/a.116672462267374/283156078952344/?type=3&theater;4.9.18
訳者註:ミャンマーの国内線ではAir Mandalayは一番信用があり、時間的にも遅れることが少ないです。


戻る

商工会議所(UMFCCI)、ミャンマー経済の停滞についての調査発表

商工会議所(UMFCCI)は、ミャンマー経済が2016年から停滞し今年は全ての分野で経済が落ちこんでいるという調査結果を発表しました。

この調査は、2018年第2四半期にサービス、製造、貿易業など1500の企業を対象に行われました。調査報告は、以下のように過去2年と比較しミャンマー経済は悪化していると分析しています。

1. 企業に対する与信は過去2年間と比較すれば25%低下している。
2. 製造業では過去3年より落ち込んでいる。
3. 輸出入も落ち込んでいる。
4. 経済停滞の原因は、税金、関税、消費税などが高いこと、金融と銀行業に対する規制、
  チャット安、経済活動関連法の不安定さ、購買力の低下、輸出入手続きに時間が
  掛かること、国内コストの増加、インフレ、外資系企業との競争、熟練労働不足、
  インフラ不足などが考えられる。
5. 税金の水準が適切でないため、不法貿易が増え、これを管理できていない。
  政府各省の規制と賄賂。
6. ドル高で輸入品価格が上昇、インフレを招いている。これにより全国の生産コストが高く
  なって、製造業が急速に減少。
7. 銀行融資は手続きが煩瑣で時間がかかりすぎる。金融と銀行分野を近代化したが、人材
  不足でサービスが悪く、企業は銀行融資に積極的でない。
8. 政府内で輸出支援をする部署を一元化する必要がある。
9. インフラ不足で事業活動に余計な時間とコストが掛かる。

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2018/09/07/169068.html;7.9.18


戻る

建築業とNGO分野の給料が一番上昇

フランスの商工会議所(CCI)の調査によると、ミャンマーでは建築業とNGO分野の給料の増加が一番高く20%上昇しているということです。
二番目は製造業とサービス業です。
三番目は食品、金融、ホテル、輸送業です。

一番給料の増加が少ないのは農業と教育分野です。農業分野の最低賃金は15万チャットから60万チャットですが、建築業は14万4000チャットから100万チャットです。

CCIの報告書は、ミャンマーでは最低賃金は4800チャットで、失業者は4%であると述べています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/135663;3.9.18


戻る

韓国の大宇、ミャンマーでバスの組立許可取得

ミャンマ外国投資委員会(MIC)は、韓国の大宇グループに対しバス組立(SKDシステム)の事業許可を出したと発表しました。許可を取得したのは大宇グループのZyle Daewoo Commercial Vehicleが25%、ミャンマーのMyanmar Trade Centre社が75%出資した合弁会社です。投資額は500万ドルであり、ミンガラドン区で大型バスと小型バスの組立を行います。
生産は2020年に始まる予定です。ミャンマーで自動車の組立をしている会社はフォード、起亜、Scania、ニッサン、鈴木などで、近い内にトヨタも組立を開始するとMICの副局長が語りました。自動車組立に投資している国は中国、シンガポール、日本と韓国です。
ヤンゴン管区には自動車は50万台以上、タクシーは3万8000台、バスは4000台以上あります。

出所:7 Day Daily,31.8.18


戻る

国籍不明の大型船、ヤンゴン管区に入港

画像の説明

SAN RATULANGI PD1600という 名前の船が8月下旬の天候悪化の影響でミャンマーの領海に入り、28日にはヤンゴン管区Tonngwa市に着きました。船は長さ177.35メートル、幅27.91メータルで、重量は26510トンです。

ヤンゴン港には1万トン以上の船は入れません。8月28日10時に漁船が発見しましたが、警察はこの船は8月29日夜8時に自分たちが見つけたと発表しています。国軍は8月31日にこの船を調べました。船には誰もおらず、積み荷もないということです。

この事実にミャンマーの人々は驚いており、Facebookで、こんな大きな船が入港する事実を国軍や防衛省が感知できなかったことについて非難が溢れています。

漁船が発見したのに、警察はなぜ自分たちが発見したように発表したのか、さらに国軍が調査をしたのが発見されてから3日も経ってからなのかということに対しても批判が出ています。海外から国籍不明の大型船が入港したら緊急で調べるのが常識だというものです。侵略を目的とした外国の船なら、ミャンマーは一日で占領されてしまうとか、テロならこの5日間でミャンマー全国に拡大しているというような話がネット上に広がっています。

出所:7 Day Daily,31.8.18


戻る

金と宝石の輸出入のOne Stop Serviceを許可

今年1月、金と宝石の輸出入が許可されましたが、これをOne Stopで行うサービスが導入されました。

出所:7 Day Daily,4.9.18


戻る

myanmar.com.mm のE-mail Accountは9月17日に廃止

現在使用されているmyanmar.com.mmの E-mail Accountは9月17日から使えなくなるとYTP(Yadanapon Teleport)が再度発表しています。

9月17日からは@ytp.com.mmに使用するように注意を呼び掛けています。

出所:www.ytp.com.mm/mailsetting


戻る

ミャンマーの現実

ミャンマーではスーチー氏の指示がなければ、何一つ動きません。

■ スーチー国家顧問は7月20日にヤンゴン管区のKawhmuへ行った時にKawhmu市の道路は良いが、ヤンゴン市内の道路は非常に悪いと発言しました。これを受けて23日にヤンゴン管区総理、大臣、建設副大臣等がヤンゴン市内の道路の改修について協議をしました。次の日にヤンゴン市市庁舎前の道路から舗装を開始したため、酷い渋滞が発生しました。

■ 2017年8月にマンダレー管区Wundwin市Myaytaikan村で行われたスーチー国家顧問と村人との集会では、村人達が学校、井戸、電気の必要性を訴えました。その後、2018年1月新しい校舎の竣工式にマンダレー管区総理が出席しました。井戸と電気も利用できるようになりました。長い間の村人の要求は一日で実現しました。

■ 2018年の新年のお祝いの最中に若者3人が一人の若者を殺したことの刑事裁判で7月25日に無罪判決が出たことに対し国民の不満が噴出しました。ミャンマーでは人を殺しても無罪になるのかと国民が心配しています。これについてスーチー顧問と大統領は法律関係者を呼んで、なぜ無罪になったかを調べるよう指示したということです。

■ 6月15日のモン州のモーラミンでの市民との対話の席で、市民から市の総合病院は長期間エレベーターが故障しているため、患者を2階に移送することに支障をきたしていると意見が出されました。16日にはこのエレベーターが動くようになり、市の幹部を5人が乗っている写真がFacebookに広がっています。

■ 4月10日のエーヤワデイ管区Myaungmya市でのスーチー国家顧問と市民との対話で、市民の一人が病院に薬が不足していると述べました。するとすぐに保健省が薬品を配給しました。

■ 8月9日のマグウエー管区Pakokhu市Chautkan村でのスーチー国家顧問と村人との対話集会で、地域政府幹部は選挙民の実情を知らないという意見が出されました。2日後にマグウエー総理と大臣が農村で農業をしている写真がFacebookに載りました。

■ 8月にスーチー国家顧問がマンダレー市Mahamyatmuni Pagodaを訪問した時に、スーチー氏宛てに手紙を手渡したひとがいました。

普通、不満がある人は大統領かスーチー国家顧問宛に手紙を出すことになっていますが、いくら出しても無しのつぶてだったためスーチー氏に直接手渡すことを考えたと言います。そのため、今後はスーチー氏が国内のどこでも手紙を受取れるようにすると決定したということです。

国民はみんな自分たちのところにスーチー国家顧問か大統領が来ることを待って不満をぶつけたいと考えています。州・管区の政府は存在していますが、この3年間で何も実現できなかったため、国民は州・管区の政府に絶望しています。

出所:https://voicejournalmm.com/archives/12419;19.8.18


戻る

ASEANプラス3の緊急備蓄米から米支援を要請

ミャンマー政府は、最近発生した洪水被害の支援策としてASEANプラス3の緊急備蓄米(APTERR)から米1300トンを支援するように要請しました。

APTERRにはアセアン10カ国と中国、日本、韓国が入っています。ミャンマーは出資金83000ドルの他、毎年6000ドルを払っています。

ミャンマー政府は、2017年にもAPTERRから米1000トンの支援を要請し、ラカイン州の難民に配布しました。

ミャンマーでは、緊急支援のため備蓄していた米1000トンのうち52トンしか残っていないため、APTERRから米の支援を要請しました。

洪水で水田10万エーカーと畑20万エーカーが損失を受け、11の管区・州の16万人が被害を受けました。

出所:https://www.facebook.com/LivingColorMediaCoLtd/?nr;18.8.18


戻る

中国の支援でヤンゴンの中華街を再開発

ヤンゴンの中華街を地盤とする議員の一人が、中国の支援でヤンゴンの中華街を再開発すると語りました。再開発については、中国政府とヤンゴン管区政府と外務省が協力するようです。

出所: 7daydaily


戻る

ミャンマー人女性が日本人と結婚すれば、300万チャット払うと広告

国際文化交流ワン社は、日本に住んでいるミャンマー人女性が日本人男性と結婚すれば、結婚指輪と300万チャットを払い、紹介した人には10万円払うと広告しています。この会社は日本の男性向けに結婚相手を探している会社です。

ミャンマー人女性の年齢は20歳~30歳で、最低高校卒業、独身であることが条件ということです。さらに、滞在ビザを持っている必要があります。結婚して5年経てば日本に長期滞在できると書いています。

ミャンマー警察の人種売買関連部署は、これは人種売買に繋がる可能性があると注意を呼びかけています。日本では働いているミャンマー人15000人程度と推定されています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/134552;22.8.18


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-8-30 )

外国投資委員会のMeeting /2018によって8月30日に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Daewoo Myanmar Co.,Ltd.バス組立、サービス
合弁
ヤンゴン管区
ミンガラドン区
25.8.18
2Yangon Golden Paragon Investment Co.,Ltd.商業住宅複合施設の建設
合弁
ヤンゴン管区
タケタ区
25.8.18
3Science and Tech International Myanmar University Co.,Ltd.教育サービス
100%民族資本
ヤンゴン管区
マンダレー管区
25.8.18

出所:ミャンマー投資委員会30.8.18


戻る

ヤンゴン-ダラー橋工業団地建設、韓国企業と覚書に調印

ヤンゴン管区政府は8月11日、ヤンゴン-ダラー橋一帯での工業団地建設について韓国のWooree社と覚書に調印しました。
出所:7 Day Daily,12.8.18


戻る

JICA、ミャンマー金融市場の整備のため56億円支援

JICAは8月8日にヤンゴンで、ミャンマーの金融市場の整備のため56億円(約730億チャット)を支援する合意書に調印しました。

出所:7 Day Daily,13.8.18


戻る

タイの漁業にミャンマー人労働者6万人を派遣

U Thein Swe労働大臣は、ネピドー訪問中のタイのAdul Sangsinkgkeo労働大臣と会談し、タイの漁業で必要とされている労働者6万人を政府間契約で派遣することで合意しました。

出所:7 Day Daily,17.8.18


戻る

この4ヶ月間で10億ドルの外国投資額

DICAの報道官は、4月から8月中旬までに導入された外国投資は10億ドルに上ると発表しました。内訳は、シンガポール3.2億ドル(65件)、中国1.5億ドル(23件)、日本1.27億ドル(4件)などです。

出所:7 Day Daily,17.8.18


戻る

省エネルギー計画6件を日本と協力

:資源・環境省のU Ohn Win大臣は、8月20日ネピドーのパークロイヤルホテルで、日本の環境省との間で6件の省エネルギー計画を共同で実施する覚書に調印したと発表しました。計画の詳細は明らかにされていません。

出所:7 Day Daily,21.8.18


戻る

イオン・オレンジ社のショッピングモール建設計画

商業省は、イオン・オレンジ社がミャンマーでショッピングモールを建設する計画を政府に提出していると明らかにしました。イオン・オレンジ社は、日本のイオングループとミャンマーのCreation Myanmar社が2016年4月に設立した合弁会社で、合計14のショッピングモール開く予定です。2016年9月30日に最初のショッピングモールが北オオクラパにオープンしました。

商業省は、今年の5月9日現政権になってから初めて外国企業と合弁の小売業と卸売業を許可しました。

小売業の最小資本金は300万ドル、卸売業は500万ドルで、この資本金には土地レンタル代は含まれていません。

出所:7 Day Daily,21.8.18

(訳者註:イオン・オレンジのショッピングモール建設は政権交代で政策が変わって停滞しています。)


戻る

生きた水牛の輸出、10ヶ月で1億ドル

商業省の発表によると、15年ぶりに解禁された生きた水牛や牛の輸出は10ヶ月間で8万頭、金額にして1億ドルに上ることが分かりました。

主な輸出先は中国です。商業省によると、ミャンマーには水牛と牛が合わせて1150万頭いるということです。

出所:7 Day Daily,23.8.18


戻る

電力・エネルギー省、DeDoke水力発電所建設を許可

電力・エネルギー省は8月16日、2022年に完成予定の60メガワットの発電能力を持つDeDoke水力発電所の建設を許可したと発表しました。

この計画はオーストリアのAndritz Hydro GmbH、関西電力とミャンマーのHigh Tech Constructionが共同で実施します。

出所:7 Day Daily,18.8.18


戻る

ミャンマー最大の農薬工場、操業開始

3500万ドルの投資で建設されたHmawbi市のミャンマー最大の農薬工場が操業を開始しました。

この工場はミャンマーAwba社が2500万ドル、IFCが1000万ドル投資して建設されました。 この工場では200種類の薬品を生産し、海外から輸入している農薬の50%のカバーできるということです。

出所:7 Day Daily,20.8.18


戻る

ミャンマー経済、政府発表では成長しているが、、、

計画・財務副大臣は7月25日の記者会見で、昨年度のミャンマー経済成長率は6.8%だったが、実際のビジネスの現場はかなり厳しい状況にあると認識していると語りました。

ミャンマー投資委員会のU Thaung Tun委員長はMyanmar Insight 2018の会議で、ミャンマーは世界で最も早いスピードで経済発展している国の一つであると語りました。

ミャンマー大手企業グループ(銀行、メディア、不動産、清涼飲料等)のトップであるU Thein Tun氏は、Forbes誌のインタビューで、自分のグループでは銀行と清涼飲料だけが利益を上げており、その他の分野は厳しいと語りました。

政府はGDP成長率が高いと言っていますが、多くの国内企業は去年よりビジネスは厳しいと語っています。経済界では、現政権になってから2年半経過したが、政府は経済より和平を優先しているため、経済が停滞しているという声が上がっています。

出所:https://voicejournalmm.com/archives/11971;28.7.18


戻る

スーチー氏、ラカイン事件の調査委員会の権限を強化

画像の説明
河野外務大臣とスーチー氏の共同記者会見(Photo:Thet Arkar Kyaw)

スーチー氏は8月6日の河野外務大臣との共同記者会見で、ラカイン事件調査委員会に多くの権限を与えると語りました。

他の国はこの問題についてミャンマーに対し何をしろというだけでだが、日本はこの問題については力になってくれていると語りました。スーチー氏は、ミャンマーにとって日本だけが真の友人であると語りました。

河野外務大臣はラカイン州の開発のため道路、通信、電力供給等の分野で協力すると語りました。

出所:http://www.7daydaily.com/story/133435;7.8.18


戻る

    

ミャンマーの通信業、発展はしているが、まだまだ必要なことが多い

世界の通信事業者750社から構成されるGSMAは、ミャンマーの通信分野は早いスピードで発展しているが、5200万人の人口の内、3500万人はインターネットに接続できていないと発表しています。

さらに、4500万人が4Gネットワークを利用出来ておらず、通信設備が不足しており、その他の地域と比較した場合、満点33の内ミャンマーは20点しか取れていない状況だということです。

ミャンマーの通信事業者4社は、彼らのネットワークは人口の90%をカバーし、国民の半分がインターネットを利用していると発表しています。

GSMAは、発展途上国ではインターネット接続の価格が先進国より5倍も高いと言っています。

4Gネットワークに必要なデバイスが周辺国より高い価格になっていることについて、政府の責任は大きいということです。

出所:http://www.7daydaily.com/story/133710;10.8.18


戻る

期限までに会社登録しないと手数料大幅値上げ

投資管理局(DICA)は8月2日、新しい会社法に基づき定められた期限内に会社を再登録せずに、期限後に登録した場合は、株式会社の場合250万チャット、有限会社の場合25万チャットを支払わなければならないと発表しました。

DICAのU Aung Naing Oo局長は、再登録できる会社は活動中の会社であり、停止した会社は再登録できないと語りました。

DICAは、企業がオンラインで登録すれば手数料はかからないが、DICAへ来て登録する場合はサービス料5万チャット払うことになると説明しています。

出所:7 Day Daily,5.8.18


戻る

2017年度の計画、40%が未完了

国家統計委員会は、2017年度に実施を予定されていた計画のうち40%は完了していないという報告を連邦議会に提出しています。昨年度実施が予定されていた計画は9000件あったが、完了したのは5000件だけで、4000件は(44%)が完了していません。さらに完了した計画にも品質の問題が多いと報告しています。

教育省と保健省は未完了の計画が多く、教育省は計画2500件の内600件だけが完了し、1900件は未完了になっています。

出所:7 Day Daily,5.8.18
(訳者註:大臣を含め、現政権の幹部の実務能力が低いことが原因だと言われており、国民の不満が高まっています。)


戻る

銀行、外貨交換所の外貨売買、中央銀行の管理を停止

中央銀行は8月13日、民間銀行、外貨交換所での外貨売買に関し、中央銀行が決定したレートに0.8%の加減算するという今の方式を停止すると発表しました。

結果的に、外貨の売買は市場に委ねられることになりました。

出所:7 Day Daily,14 .8.18



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-8-18 )

外国投資委員会のMeeting /2018によって8月18日に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Go Excellent (Myanmar) Co.,Ltd.自動車生産、販売
合弁
ヤンゴン管区
ライタヤ区
10.8.18
2Aida Amazing Co,,Ltd.廃棄物再生
合弁
マンダレー管区
Myinchan市
10.8.18
3Myint Dachan Co.,Ltd.動物用飼料製造
合弁
ヤンゴン管区
Hmawbi市
10.8.18
4Myint Dachan Co.,Ltd.養鶏業
合弁
ヤンゴン管区
Hmawbi市
10.8.18
5Great Wall Zhong Neng Co,,Ltd.合板製造; 合弁ザガイン管区
ザガイン市
10.8.18

出所:ミャンマー投資委員会18.8.18


戻る

スーチー氏の優先課題、来期も少数民族との和平

各省の来年度(2018年10月1日-2019年9月30日)の優先課題の文書が国会議員達に配布されましたが、最高権力者スーチー国家顧問の優先課題は来期も少数民族との和平であることが明示されています。経済政策などには触れられていません。

(訳者註:スーチー政権は政権掌握後ピンロン 和平会談を皮切りに、数次の和平会議を行い、今年の7月にも和平会談を行いましたが、目立った成果は出ておらず、少数民族側は不満を持ち、このような会談を100回行っても進展がないと記者会見で語りました。政府側も今回の和平会談の結果に満足していないと公表しています。

スーチー政権発足後2年半経過しましたが、外資の減少、国内経済の停滞、失業率の増加、工場の操業停止などが増えており、国民生活の厳しい中、スーチー氏の人気にも陰りが見えています。スーチー氏は父親であるアウンサン将軍が実現できなかった和平を実現したいという気持ちがあるのでしょうが、経済面での無策は選挙公約にも違背しています。新政権の大臣、州・管区の総理などの実力がないために国民生活は軍政時代より厳しくなっています。)

出所:7 Day Daily,28.7.18



戻る

政府、新年度の貿易赤字5億ドルと予測

政府は、新年度(2018年10月1日-2019年9月30日)の貿易赤字を5億ドルと予測しています。

2016年度の貿易赤字は50億ドル、2017年度は38億ドルでした。

財界の関係者は、ミャンマーの輸出は天然ガス収入の減少、輸出産品である豆類の輸出減少などで輸出増加は困難であり、政府の予測を実現するのは困難だろうと語っています。

商業省は、今年度の輸出153億ドル、輸入158億ドルを目標にしています。

2017年度は貿易額を290億ドルと予測していましたが、最終的には334億ドルになっています。内訳は輸出150億ドル、輸入186億ドルでした。

出所:http://www.7daydaily.com/story/132453;27.7.18


戻る

オンラインの詐欺事件が急増

オンラインの詐欺事件が急増しているので、政府が対策を取るべきだと弁護士等が語っています。

配当を保証してオンラインで株式を販売するが、その配当はすぐには換金できないようになっており、換金するには新たに3人の株式購入者を仲介会社に紹介することが必要だという仕組みです。この仕組みで多くのひとが詐欺に会っており、被害はヤンゴンだけではなく、地方にも広がっています。なかには2億チャットの損失をだしたひともいます。

Genius Medid Aduer-tising Agencyという会社は、オンラインで株式を購入した人には月に利益20%払うと言って、700人から40億チャット騙し取りました。騙された人は警察に通報すれば、自分のお金が戻ってこないことになることを恐れて黙っています。

出所:https://www.newswatch-mm.com/?news_detail&id=915း20.7.18


戻る

PTTEP、天然ガス用発電所建設に政府に提案

Bangkok Postは、タイのPTTEPが大型の天然ガス用発電所の建設をミャンマー政府に提案していると報じました。

この記事によると、計画はPTTEP International とヤンゴンの支店が実施します。建設費は数億ドルで、必要なガスはPTTEPが操業しているZawthikaガス田から供給します。このガス田では毎日4億立方フィートのガスが生産されています。
出所:https://www.rfa.org/burmese/news/myanmar-natural-gas-07252018005458.html;25.7.18


戻る

ミャンマーの労働者夫婦、タイの宝くじで600万バーツを当てる

タイで働いているミャンマー人の夫婦が、8月1日に発表されたタイの宝くじの一等600万バーツを当てました。

出所:7 Day Daily,3.8.18


戻る

ミャンマー、違法貿易が多い5カ国に

The Economic Intelligence Unitが毎年発表している2018年世界違法貿易Index(GITEI)の報告書の中で、ミャンマーは違法貿易が多い5カ国に入っていると述べられています。

84カ国を対象とした調査で、ミャンマーは82番目でした。最下位はリビアで、ラオスが81番目、ベネズエラが80番目、カンボジアが79番目でした。

出所:7 Day Daily,3.8.18


戻る

外国投資、去年同期より50%以上減少

投資管理局(DICA)は、今年の4月1日から7月7日までの外国投資は合計6億4000万ドルしかなかったと発表しました。

2017年4月1日から7月末までの投資額は19億6000万ドルでした。今年度最初の3ヶ月間の最大の投資国は日本であり、以下中国、米国、シンガポールになっています。

投資の内訳は、新規事業が44件、3億2000万ドルで、事業拡大の投資増加は3億7000万ドルでした。ティラワ経済特区での投資は1億5000万ドルで、合計8億4000万ドルになっています。

出所:7 Day Daily,19.7.18


戻る

米ドル2ヶ月で110チャット上昇

画像の説明

ドルーチャット交換所(Photo:EPA)

米ドルは6月1日には1ドル1350チャットでしたが、8月3日には1460チャットをつけました。2ヶ月で110チャット上昇したことになります。

市場では1ドル1500チャットになるという予測もあります。

専門家は、ドル高の原因は海外でのドル高と国内の貿易赤字が主であると語っています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/133176;4.8.18


戻る

MSEC、外資企業の株式の国内取引を許可する方針

ミャンマー証券取引委員会(MSEC)は、外国人が保有する会社をミャンマー法に沿って株式会社化すれば、国内で株式を売買できるようにすると発表しました。

この法律の目的は、国内企業も外資と同じように管理するところにあります。

ミャンマー証券取引所は、外国人はミャンマー企業の株式を購入する準備をしていると語っています。

ミャンマーには外国の企業と支店が6000あります。

出所:http://www.7daydaily.com/story/133177;4.8.18


戻る

安倍総理婦人、ミャンー人デザインの服でG7に

画像の説明

安倍昭恵夫人は、ミャンマーで生まれ今は日本国籍を取得したShibuya ZarNi氏がデザインした服を着て、G-7の会合に参加しました。Shibuya ZarNi氏のデザインした衣装は、日本の芸能人などにも愛用されています。

Shibuya ZarNi氏は、安倍昭恵夫人の紹介でスーチー国家顧問にも会い、スーチー氏の衣装もデザインしています。
出所:https://www.bbc.com/burmese/45040978;2.8.18


戻る

チャウピュー計画、ミャンマー側出資比率を減少

U Sat Aung財務副大臣はロイターニュースの取材に対し、ラカイン州チャオピュー港湾計画についてミャンマー側出資比率を減らすと語りました。

チャオピュー計画の総予算は73億ドルですが、スリランカ、パキスタンのように借入の返済ができない状況にならないように、ミャンマー側の出資を13億ドルにすることを決定したと語りました。

スーチー国家顧問の経済顧問であるDr.Sean Turnell(オーストラリア人)も、今回の出資額は適切なレべルだと語りました。

チャオピュー港湾計画は、中国のCITICグループが落札し、4段階のフェーズに分けて実施されます。

出所:https://www.rfa.org/burmese/news/kyauk-hpu-projects-08022018112221.html;2.8.18


戻る

ミャンマーにいる中国人 (再掲)

ミャンマーにいる中国人はミャンマーで生まれた人たちと海外からミャンマーに移住してきた人たちの二つのグループに分けられます。

中国政府が発表している在外中国人のデータによると、ミャンマーにいる中国人はミャンマーの全人口の3%を占めています。差別されることを心配して中国人であることを隠して自らミャンマー人であると言う中国人がいることや、中国系ミャンマー人(中国人とミャンマー人が結婚して、生まれた人達)も多くいることを考えると、実際には3%よりも多いと推測されます。

1990年以後上部ミャンマーに移住した外国人は、多くはバングラデシュからの移住者で、中国人はあまり多くないと考えられます。

現在ミャンマーの産業界で、軍事政権関係者と協力して実権を握っているのは中国系のビジネスマンです。ミャンマーにいる中国人の多くは教育を重視しているため、ミャンマーの大学卒業者、学者などは中国系の人たちの占める割合が高くなっています。

人口
下部ミャンマーには、福建省から福建族、廣東省の廣東族、福建省と廣東省からの客家人の3つのグループの人たちが住んでいます。福建人と廣東人がそれぞれ45%ぐらい占めています。

その中で廣東人は一番貧しく、ミャンマー政府と良い関係を保っている福建人が最も裕福だと言われています。

上部ミャンマーでの中国系住民の多くは雲南省から移住してきた雲南人、イスラム教徒、コーカン人です。コーカン族は、ミャンマー政府が正式に認めたシャン州の135民族の一つであり、農業で生計を立てています。シャン族の言葉、習慣、習俗とはまったく異なった生活をしています。現地では、イスラム教を信仰する中国系住民の商人も大昔から認められてきました。

コーカン族とイスラム教徒は、ミャンマーにいる中国系住民の約21%を占めています。その他の中国系住民は、ミャンマーで生まれた中国系ミャンマー人です。

文化、言語
ミャンマーにいる中国系住民のほとんどは、ミャンマー語を母国語として暮らしていますが、中国語学校に通う人もいるため、中国語を話せる人も少なくありません。

下部ミャンマーでは、マンダリン以外の方言である福建語を、上部ミャンマーでは廣東語と雲南語が使用されています。1962年から1988年のネーウィン政権時に、中国語学校は国有化または廃止されたため、中国語を話せる人も減少しました。しかし、現在、世界中で中国語が重要になっているため、ミャンマーでも中国語学校が増加しています。中国語学校では、中国系住民だけではなく、ミャンマー人やその他の少数民族も学習しています。
(国会議員も中国語を習うようになり、中国大使館が協力しています。)

信仰
ミャンマーにいる多くの中国系住民は道教、仏教などの宗教を信仰しています。中国系の寺院では、春節祭りや他のお祭りを行っています。中国系の寺院は中国系住民の集う場所であり、国文化を守るところでもあります。
また、中国人同士で問題があるときに解決してくれる場所でもあります。そのためか、中国人同士の問題がミャンマーの裁判に上がることは殆どありません。

名前

ミャンマーにいる中国系住民の多くは、ミャンマー名の他に中国名を持っています。中国名をミャンマー風に発音する人も多くいます。

中国では、名前の前に姓を付けます。ミャンマーで使用される頻度の高い姓は次のようなものだと、中国系寺院の関係者が語っています。

(李);(彭); (時); (董);(閔);(牛);(邊);(辛);(關);(徐)

教育
ミャンマーにいる中国系住民は教育を重視しているので、医学博士や工学博士などは中国系の割合が高くなっています。ミャンマー国民登録カードを持っていない中国系住民は、は大学で医学、工学などを学ぶことが出来ません。この制限がなければ、医学や工学などの専門性の高い分野では、中国系の学者がもっと多くなる可能性があります。

ミャンマー国内では制限が多いので、子弟をタイ、マレーシア、シンガポール、アメリカなどの外国へ留学させる富裕な中国系住民は少なくありません。

歴史
歴史によれば中国人がミャンマーに移住し始めたのパガン王朝時代(14世紀)からです。明の滅亡後、遺臣たちが現在シャン州のコーカンに住んだという記録があります。

清の時代、中国の商人たちは、エーヤワデイ川のBamow市あたりまで出かけて来て商売をしていました。当時、ミャンマーの都はアマラプラ市(マンダレーの近い町)でした。1859年にミンドウン王が都をアマラプラからマンダレーに移した時、中国人達はアマラプラに残りました。その後、現地のミャンマー人と通婚をしながら現地化して暮らしてきました。

また、中国人のミャンマーへの移住が増えたのは、1800年以後、イギリスの植民地時代です。イギリス政府は、インド人と中国人のミャンマーへの移住を推進しました。
当時、ミャンマーは中国と比べて相対的に豊かだったため、富を求めて多くの中国人がミャンマーに移住しました。そのなかにはマレーシアからの中国人も含まれています。

中国人の多くは米や宝石などの商売をして成功しました。ミャンマーには今でも「中国人のように商売し、インド人のように稼ぎ、ミャンマー人のように浪費をする。」という言葉があります。

ミャンマーに移住した中国人は現地人と良好な関係を維持しているのは、ミャンマー人が中国人をパウファ(親戚)と呼ぶことでも分かります。

1949年に中国人民共和国が成立した時に、国際社会ではミャンマーが一番早く承認しました。しかし、その時からミャンマー政府はミャンマー在住の中国系住民を外国人として扱い、外国人登録カードを発行して、色々な規制を行うようになりました。ミャンマーに移住してきたインド人とイスラム教徒も同様に扱われています。

1962年ネ・ウィン将軍はクーデターを起こし、彼自身は中国系であるにも関わらず、ミャンマー国内での中国語の学習を停止しました。また、中国人がミャンマーから出て行くことを奨励する色々な政策を取りました。当時発生した中国―ミャンマー紛争もネ・ワイン政権が裏で工作したことが原因だという意見もありますが、中国の共産党がミャンマーの共産党を応援するため、この紛争を起こしたという意見もあります。物価高、インフレ、米不足などの国民の不満を逸らすために、中国-ミャンマー紛争を利用したという意見もありました。

ネ・ウィン政権はミャンマー式社会主義を作って、国民の財産を国有化しました。
中国人の学校や商店等も国有化し、10万人の中国系住民を国外へ追放しました。中国系住民もネ・ワイン政権下での経済状況の悪化、人種差別、商売に対する規制などに不満を持って、ミャンマーから出て行きました。現在までミャンマーに残っている中国系住民の多くはヤンゴン、マンダレー、タウンジ、バゴーとその周りに住んでいます。

Global Witnessの統計によるとマンダレーの人口30%は中国系です。

著名な中国系ミャンマー人

Wikipideaによるとミャンマーで有名な中国系は以下の通りです。
政治家
● ネ・ワイン独裁者(1962-1988)、客家
● アウンギィ ネ・ワインの部下、福建人
● サンユー大統領(1981-1988)、客家
● キンミュン(Khin Nyunt)首相(2003-2004)客家
● Kyat Sein 元保健大臣
● Kyaw Myint 元保健大臣
● Phone Kyar Shin コーカン特別地域リーダー、雲南人
● Kyaw Ba 元ホテル・観光大臣、雲南人

ビジネスマン
● オブンホウ タイガーバームの開発者、シンガポールへ移動した客家
● オブンパ  オブンホウの弟(Litter Brother)
● Kyaw Myint  Myanmar May Flower Bank設立者
● Peter Chuu(@)Win Than HTC 携帯会社のCEO(台湾)
● Zon Houng  NGOと教育、客家
● Tun Myint Naing コーカン、富豪(父は麻薬王)
● Kyaw Win   Sky Net、Shwe Tan Lwin社設立者

その他
● Addout Michle Law Yon The National 新聞の設立
● Khon Sar 東南アジアの麻薬王、コーカン
● Law Sit Han 東南アジア麻薬王、コーカン
● Ngwe Khaing 芸術家、Alinkarkyawswe賞受賞(ミャンマー政府が授与する最高の賞)
● Taw Sein Kho 福建人、Archaerlogy Departmentの有名な局長
● Moesetwai(@)Yan Shin Yon 2013年のミスユニバースミャンマー代表、雲南人
● Taw Kaing  ミャンマーで最も有名な歴史学者

中国系住民の目標
ミャンマーにいる中国系住民の目標は、ミャンマーへの永住ではなく、ミャンマーより豊かなシンガポール、アメリカ、英国、オーストラリアへ行くことで、ミャンマーはそのための通過点と考える人が多いようです。子供たちをミャンマーで大学を卒業させ、その後は海外留学させます。海外の大学を卒業し、そのまま就職し、その国の国籍を取るケースも少なくありません。借金をしてでも海外にいる子供に仕送りして、海外で子供を成功させたいと考える両親もたくさんいます。そのため、ミャンマーで多少差別があっても問題が起きらないよに我慢しています。

Ref: Many Sources
出所:https://www.facebook.com/ThePeopleLibrary/?pnref=story.unseen-section;22.2.2017;KIS



戻る

会社登記オンラインシテム、運用初日にサーバーダウン

投資管理局(DICA)は、会社登記オンラインシステム(MyCo)の運用初日、8月1日に多くの企業がアクセスしたためサーバーがダウンし、登録しようとした25社のうち2社しか登録できなかったことを認めました。

MyCoは、ミャンマー初のe-Governmentシステムで、企業はオンラインで登録すれば無料ですが、DICAへ行って登録すると手数料が5万チャットかかります。

DICAは8月2日に、MyCoの運用を一旦停止したが、8月6日に運用を再開すると発表しています。また極力オンラインで申請を行うよう要請し、DICAに来て登録する場合は手数料が10万チャットになると説明しています。

ミャンマーには国内企業、外国企業合わせて6万社以上があり、企業の登録は今年の8月1日から来年1月31日まで6ヶ月間の余裕があるため、あまり急がないようにと語っています。

(訳者感想: DICAは7月の説明会で、オンライン登録では不真実の記入をした場合、5万チャット以上罰金または7年以下の禁固刑があると言っています。そのため、多くの企業経営者は、オンラインで禁固刑のリスクを冒すより、従業員をDICAの事務所に行かせ手数料を払ってDICAの職員に登録してもらった方が良いと考えていると言う話もあります。)

出所:https://burma.irrawaddy.com/business/2018/08/03/165673.html;3.8.18;7 Day Daily,2.8.18


戻る

FMI航空、運行中止

国内線のFMI航空は、7月20日から運行を中止すると発表しました。これに伴い従業員134人を解雇したということです。

国内線の営業は外国人観光客の需要に頼っていますが、ラカイン問題で外国人観光客が減少したことがFMI航空の経営悪化の大きな原因でした。

FMI航空は2012年9月に設立され、ヤンゴン、ネピドー、ミエク、タンドウェ、チャウタン、ダウェーなどに運行していました。

同航空では飛行機2機を保有していました。

出所:https://www.bbc.com/burmese/burma-44913915;21.7.18


戻る

タイのEGAT、ミャンマーでLPG小型発電所建設を検討

タイのEgatのWatchara Hemruchatanun会長は、ミャンマーでLPG小型発電所(5~10メガワット)の建設を検討していると語りました。建設コストは一件当たり300万~600万ドルということです。

出所:7 Day Daily,23.7.18


戻る

昨年度の電力供給、500億チャットの赤字

電力エネルギー省の副大臣は7月23日、昨年度(2017-18年)は電力供給で500億チャット赤字になったと語りました。そのため、電気料金の値上げは避けられないということです。

出所:7 Day Daily,24.7.18


戻る

ミャンマーの海外からの借入金、10億ドル増加

U Soe Win計画・財務大臣は、2018年3月末現在のミャンマーの海外からの借入金残高は100億ドルで、2016年末は90億ドルだったと語りました。

借入金は中国からのものが40億ドルで最多です。日本からは20億ドルで二番目になっています。

現在の借入金は、GDPの15.5%になっています。2016年末は13.4%でした。

借入金が最も多いのは電力・エネルギー省で二番目は計画・財務省です。

出所:7 Day Daily,24.7.18


戻る

ラカイン州でメタンフェタミン押収

7月13日、ラカイン州Maungdaw市でメタンフェタミン10万個(2億チャット相当)が押収されました。

7月4日にも、Buthitaung 市でメタンフェタミン150万個(30億チャット相当)が押収されています。 [#o298b21b]

出所:7 Day Daily,13.7.18


戻る

オーストラリア企業、サガイン管区で銅などの探査許可を取得

オーストラリアのPan Aust社は7月5日、ザガイン管区で銅などの金属を探査する許可を政府から取得しました。

出所:7 Day Daily,8.7.18


戻る

ミャンマー会社施行令2018の公布

計画財務省は、ミャンマー会社法 462Section (1)(a)に基づき、連邦政府の合意の下、ミャンマー会社法施行令2018を公布する。

この施行令は投資会社管理局のインターネットサイト(www.dica.gov.mm)で見ることができる。また2018年8月1日から始まるミャンマー企業オンライン(MyCO: www.myco.dica.gov.mm)でも見ることが出来ると発表しています。

出所: 投資会社管理局


戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-7-10)

外国投資委員会のMeeting /2018によって7月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Yuzana Co.,Ltd.石鹸などの生産、販売
100%国内資
ヤンゴン管区
ライタヤ区
26.7.18
2Taekwang Myanmar Development Co.,Ltd.工業団地建設、賃貸
100%外資
バゴー管区
バゴー市
26.7.18
3Myanmar Yatai International Holding Group Co.,Ltd.高級住宅建設、賃貸
合弁
カレン州
Myawaddy市
26.7.18
4Myanmar C.P Livestock Co.,Ltd.豚畜産業
100%外資
ヤンゴン管区
Hlegu市
26.7.18
5Yuzana Co.,Ltd.パーム油生産、販売
100%国内資
ヤンゴン管区
ライタヤ区
26.7.18
6Green Asia Services Co.,Ltd.燃料貯蔵、販売
BOT、合弁
ヤンゴン管区
テイラワ区
26.7.18

   出所:ミャンマー投資委員会27.7.18


戻る

ミャンマー首脳、日本の首相補佐官と会談

画像の説明
ウインミン大統領と和泉首相補佐官の会談(Photo:President Office)

ミャンマーを訪問した日本の和泉洋人首相補佐官はウインミン大統領、スーチー国家顧問、ミンアウンライン国軍指令官と個別に会談しました。

ウインミン大統領との会談では、投資、教育、保健、農業、畜産、運輸、通信、電気、建設分野の発展、ヤンゴン市開発等、ラカイン州の治安、道路建設、電力供給などについて協議しました。

スーチー国家顧問との会談では、日本が現在進めている60件以上の支援事業を引き続き実施すること、ヤンゴン市開発計画、ヤンゴン環状線計画、ヤンゴン市の輸送を管理するGPSシステムの建設、ハンタワデイ新国際空港建設、ミャンマー・日本職業訓練学校建設などについて協議しました。

ミンアウンライン国軍指令官との会談では、ミャンマーでの少数民族の和平にたいする支援を確認した他、ラカイン問題の解決への支援、軍事関連関係強化、人材育成などについて協議しました。

出所:http://www.7daydaily.com/story/131557;17.7.18


戻る

学研、ミャンーで21番目の教室を開設

小学生等に放課後、数学を教える学研は7月15日、ヤンゴンのShwe Taung kyar地区でミャンマーで21番目の教室を開きました。

学研の教室では、4歳から13歳の子供を対象に、日本で教えている教科書を使用して、数学と理科を週に2日間教えています。学費は月6万チャットで他に入学費が2万チャットかかります。学研の教室はミャンマーで人気が高く、ヤンゴン、マンダレー、パティン市で開かれています。

出所:http://www.7daydaily.com/story/131478;16.7.18


戻る

中国と韓国、ミャンマーでの繊維分野への投資増加

画像の説明
縫製工場

ミャンマー投資会社管理局は記者会見で、ヤンゴン管区で中国系・韓国系企業の繊維分野での投資が増加していると語りました。

7月9日に外資系の投資案件10件が承認されました。そのうち6件は中国系企業で繊維分野が4件、韓国系企業は2件で全て繊維分野です。

米国からの投資は3694万ドルでした。

今週は外資系投資と合弁投資が19件あり、製造業が16件、農業分野が1件、サービス業が2件で、金額は1億4312万ドルで、雇用は10622人に上ります。

出所:http://www.mizzimaburmese.com/article/41234း10.7.18


戻る

イギリス政府、ミャンマーの保健衛生改善に9700万ポンド支援

イギリス政府は、ミャンマーの少数民族地域に保健衛生改善のため、2019-2023年の5年間で9700万ポンド支援すると発表しました。

この支援はカチン、カヤ、カレン、チン、モン、ラカイン、シャン州などの母子の健康、HIV、マレリア、結核、栄養不良などの対策に使用されます。この支援は2000年から始まり、これまで100か所以上の診療所が支援を受けてきました。

http://www.7daydaily.com/story/130606;6.7.18


戻る

ヤンゴンスカイロード計画に国内外から興味

建設省は7月4日、ヤンゴンスカイロード計画(YEX)について、ミャンマーを含む12カ国の53社が提案書を提出したと発表しました。提案書を出したのは、国内16社、中国13社、日本7社、韓国4社、インド3社、タイ2社、トルコ2社、マレーシア、フランス、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム等は1社ずつありました。
ミャンマーからは、Max、Shwe Taung、MTSHなど、タイからはBangkok Expressway、
Italian-Thai、日本からは住友商事、鹿島、丸紅等、韓国でからは大宇、韓国高速道路等、中国からはCCCC、China Harbour等、フランスからVINCI Highwayが入っています。

建設省は事業者の選定にあたっては、IFCが検査を行うと語っています。
現時点は第一段階であり、8月に再度検査が行われる予定です。

出所:http://www.7daydaily.com/story/130501;5.7.18


戻る

宝石展示会、売上4億ユーロ

今年の第55回宝石展示会の売上は4億ユーロに上ったと展示会主催者が記者会見で発表しました。

昨年の売上は4億2311万ユーロで、今年は去年より若干減少しました。

展示会には国内外の企業3924社、5128人が参加しました。中国からは2678の企業から3173人が参加しました。

出所:http://xinhuamyanmar.com/business/local/17343-2018-06-29-11-05-36;29.6.18



戻る

ミャンマー外国投資委員会(MIC)の許可リスト(2018-7-10)

外国投資委員会のMeeting /2018によって7月に認可された事業は下記の通りです。

No.会社名業種場所許可日
1Yangon J.R Family Ltd鉄生産、販売
100%外資
ヤンゴン管区
Hmawbi市
7.7.18
2Her Chee Industrial Co.,Ltd.4リングのバック組立
100%外資
バゴー管区
バゴー市
7.7.18
3International Language & Business Center(ILBC)Co.,Ltd.国際教育
合弁
ヤンゴン管区
マンダレー管区
ネピドー
7.7.18

出所:ミャンマー投資委員会10.7.18


戻る

powered by QHM 6.0.2 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional